建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          コストダウン          土地活用          バリューエンジニアリング    

 

建設費コストダウン
手法の一つでバリューエンジニアリング(VE)について書いてきましたが、

3.請負契約前に出来る限りのVE提案を出させる。

について、書いていきます。

設計事務所が見積図面にメーカー・品番を書く際に
それほど建設費、コストについて気にせず、
書いていることが多々あることは、バリューエンジアリング(VE)とコストダウン1で書いてきましたが、
できる限り、VEをする場合は、請負契約前に沢山出させるべきです。

基本的に、施工者側からすると、
請負契約が終わったら、図面通りに、予算内で作ることに全精力を注ぎます。

請負契約が終わったら、建設費は下げられたくないですし、
労力もかかるので建築主の為になるような本気のVE提案は
出てこないでしょう。

仮に出てきたとして建築主に幾分か還元されても、
少しは現場の利益にもなるようなVEです。
つまりもっと下がったはずなのに、下がりきらない
見積書を提出されることもあるという意味です。
(それでも提案されないよりは、出た方がいいですが)

専門工事会社も、ゼネコンが請負契約を終わり
ゼネコンと注文書を交わした後は、基本的には仕様を弄られることを嫌います。
専門工事会社には苦手なメーカールートもありますが、
注文書を交わした後だと苦手なメーカールートのVE提案をされても余り下がりません。

請負契約前なら、ゼネコンは専門工事会社とも当然、注文書を交わしていないので、
得意な専門工事会社のルートから安く仕入れて貰うことも出来ます。
(注文書を交わした後に、専門工事会社を変えるのは、
専門工事会社側に極端な落ち度が無い限り建設業ではご法度です。)

本気のVE提案を出させるには、
仕事が取れるか取れないか判らない段階で、
交渉するのが一番でしょう。

この状況が一番、建設費のコストダウンできます。

どうせ最後はどれかの仕様・品番に決めなくてはいけないのですから、
後で決めればいいやーというのは、お互いに良くないです。

現場監督からすれば、建築主や設計事務所が、
仕様や色を中々決めてくれないのが、
一番神経をすり減らします。

現場監督は工期が無限にあるわけではないので
工事が始まったら仕様が決まらなくて工事が止まってしまうことを
絶対的に避けようとします。

どんどん前倒しで決めてくれるお施主さんなら、
スイスイ現場が進んで気持ち良く仕事ができますから。

逆にあんまり色や仕様で悩んで、現場に迷惑掛けすぎると、
追加工事が高めに出てくる可能性が高まります。
現場監督も人間ですから気持ちよく仕事をさせてあげましょう。

まあ・・・VE提案は請負契約前でしたら、建築主が言えば、
どんなゼネコンさんでも真剣に取り組んでくれると思います。

ただしVEは、コンストラクション・マネジメントのあくまでも一部です。

世の中には、VEだけを抽出して建設費を削減し、
コンストラクション・マネジメントをやっていると、
言い切ってしまうCM会社も一杯あります。

私の考えるコンストラクション・マネジメントの価値とは、
専門工事会社に門戸を開いて、入札をし、コスト競争力のある専門工事会社を
採用することによって建設費のコストダウンを図ることにあると思います。

その手法に関しては建設費とコンストラクション・マネジメントの記事とを是非ご覧頂けたら嬉しいです。

↓へえーと思った方、クリック頂けたら泣くほど喜びます。
人気ブログランキングへ

バナー




専門工事会社の競争入札によるコストダウンの実例です。
そのカラクリは建設費とコンストラクション・マネジメントの記事を是非ご覧下さい。
土地活用事例2

土地活用事例1

関連記事
2009/08/08 15:51|バリューエンジニアリングとコストダウンTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/91-a4c8f6d8

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.