建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          ブログ          土地活用    

 

建設業界の世間では信じられない話をひとつ

建設現場で所長の権限は絶大です。
仮囲内の治外法権ではブッシュ大統領以上の発言力を持っています。

そして金の全ての権限を握っているのも
THE所長

ここで良くある話を・・・

とある現場で何らかの失敗を侵し(見積もり落としも含む)
ある工種の予算オーバーしてしまいました。

当然、業者さんからは、予算以上の請求が来ます。
業者に払ってやる金など何処にもない・・・
会社に損害を報告もしずらい・・・

どうする・・・
どうする・・・
どうするーーーー所長????

ここで全国で使われているであろう
きめ台詞
そして若い現場監督の一度は言って見たい言葉NO1
に輝くであろう一言(笑)(一年生の頃はかっこいいと思いました)

「次の現場で面倒みてやるから今回は簡便してくれ」



出来てない下請業者、「次はいつだか判りませんのでこの現場で決済してください」←もうこの業者には仕事流さん・・・・


出来てる下請業者:「所長がそこまでおっしゃるなら・・・次頼みますよ!!!」って・・・・OKOK言ってくれる業者もなかにはいます。

ちょっとまったーーーーーーーー
って何時だよ???
誰の財布から払うんだよ???

次って・・・
こんな感じで次のお施主さんのお財布から
実際の施工費以上のお金が前回の失敗の埋め合わせに使われる訳です。
(まあ、満額抜かれてるかどうかまでは判りません)

結局、施工費なんかそんなもんなんですよ。

確かにどんなに慎重にやっても人間の手でやることですから
防ぎようのない施工不良等は起こって来ます。

これを売り物になるレベルまで直すのには金がかかる。
そこまではいいんです。
現行の建設業界は請負契約です。
失敗して予算オーバーしてもお施主さんから
追加料金を頂くことは当然できません。

そこで困った人間は、うっかり
未来への投資を発言してしますのです。

そして次の現場で前回の分をこっそり予算に盛り込む・・・

株式投資はワンクリックで数億の取引が完了してしまう
時代に、
古来から続く下請制度をスクラムを組んで
死守している建設業界の実態です。

しかし建設を行う上で最も上位にいるのは施主様なのです。
施主の権限を最大限活かさなければなりません。

どのように活かすか引っ張りつつも次回のブログへ(笑)




建設費のカラクリ是非ご覧下さい。

土地活用事例2

土地活用事例1
関連記事
2006/04/27 23:31|新築不動産投資着工までの流れ他TB:0CM:3

コメント


うーん。続きが気になる。
明日、不動産屋に新築10%以上の草案
(功やれば10%以上になるぞという案)
をもって行く予定なのですがどうなることやら。
目を覚まさせるためにもぶちかましてきます。
気ままなネコ。 #-|2006/04/27(木) 23:46 [ 編集 ]


続きを書くには体力を充電しなくちゃいけないんで
そのうち・・・

真面目な文体を書くと非常に疲れる(笑)

明日不動産屋に突撃ですか
不動産屋に説明する必要があるのか良くわかりませんが、
銀行融資の練習台には持って来いなのかな?
頑張ってください。

お宝が眠ってるのは上屋ありかもしれません。
2階建て一軒屋なら500万ぐらいあれば解体できると
思うけど、めんどくさいから需要が少ない
破格値で売られてる
場合がけっこう見受けられます。

実際の解体費用は地域・物件によって見積もり
とって見ないと判んないけど、
解体屋への菓子折り攻撃で大体の相場は読めるかもしれません。

さあタウンページに出番です(笑)
kenji1 #H6RSI4P.|2006/04/28(金) 00:21 [ 編集 ]


上屋ありの場合の注意事項

1.他のプログでもありましたがアスベストです。
メーターボックスを開けて綿みたいなのが
あったらアスベストの可能性高し
あとS造、トタン屋根の天井裏に吹いてる可能性高し
撤去したら利回りどころではありません。手出し無用です。

2.PCB(電気の油)に注意
賃貸には少ないかもしれませんが古いキュービクル(変圧器)が着いてる物件
買う前にメーカーに確認しましょう。禁止年代はネットで調べれば大体わかります。
解体時、撤去・保管するだけで何百万もかかります。
あと古い蛍光灯についてる場合があるようです。
これもメーカーに型番言えば判るはずです。

私はここまでしか出会ったことはありませんが
特別管理産業廃棄物に含まれてるのは
手を出さないほうがいいです。

懇意の解体屋ができれば、or役所の建築関係の課、又は環境関係の課に行けば、教えてくれます。買う前に何がやばいのか教えてもらえば
大体判るはずです。
kenji1 #H6RSI4P.|2006/04/28(金) 00:39 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/9-47071de5

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.