建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          土地活用    

 

当社のHPの最初に書いてありますが、
「土地活用の成否は、建設費で決まります。」

当社のHPの最初に書いてありますが、
「土地活用の成否は、建設費で決まります。」

相続税が増税になるということで、
相続・土地活用セミナーも活況を呈しているようですが、
世の中には、大きく分けると下記の6つに分類されると思います。
①税理士が行う相続税セミナー、
②弁護士・司法書士が行う遺言・成年後見人などを含めた法務系相続対策セミナー
③銀行が行う相続セミナー
④不動産会社の相続コンサルタントが行う相続対策セミナー
⑤保険会社の相続コンサルタントが行う相続対策セミナー
⑥土地活用系建設会社が行う相続対策セミナー

一般的な、相続・土地活用セミナーの、
①~⑥までの中で、一つだけ、誰も話さない・話すことが出来ない内容があります。
そうです。

当社の事業の根幹である
「建設費削減」についてです。

①~⑥については、それぞれ取り扱う方によって特色はあるかもしれませんが、
土地活用の最終的な成否は、総事業費用からの返済によって決まっていくということを正しく理解し説明できるセミナーは、殆ど存在しないと思います。

それぞれの主催者の専門性、職能にとって、そこまで踏み込んで考える必要性が無いのです。

多くの地主様も、その部分を真剣に考えている人は少ないのかもしれません。

土地の持つポテンシャルを最大限に発揮せず、
業者の言われるがままに請負契約を締結し、
結果として、返済が滞り、土地ごと取られた、競売に掛けられたという
1度や2度以上も、話を聞いたことがあるにも関わらず。
殆どの地主様や、税理士以外の、
土地活用業界に関わる人は理解していないかもしれませんが、経費算入されるのは利息のみで、20年後~30年後の支払利息が減った時に、
支払うべき税金の家賃収入に対する比率は増えてしまいます。

これにより、キャッシュフロー(CF)は家賃収入が減った時、より厳しくなるのです。

これに対処するには、20年目までの累積CFの蓄積に加えて、
当初の借入額を徹底的に抑えて置くことでしか有りません。

土地活用は、スタート時に大半が決まってしまう、経営ですから、本来は、数字をしっかりと検証するべきなのです。

融資の月々の返済を、より、余裕にするには、
総事業費を削減するしか有り得ません。

総事業費を削減するには、
建設費を仕様を落とさずに削減するしか有りません。

そんなことが可能なのかと思われるかもしてませんが、
分譲クラスの当社の仕様でも、真のCM方式を、活用すれば
ゼネコン入札第一位の金額から10%~18%以上の建設費削減は可能なのです。

土地活用の相続税対策で、マンションを建築することを考えられている
地主様は、このことをまず理解し、きちんと経営者として、
キャスティングボードを握り、正しい方法を選択するべきです。

見積方法と一般的な建設業の流通形態をCMを使いメスを入れることによって、
理論的な根拠をもって、全く同一の建物の建設費を10%~18%削減することが可能なのです。

しかし、一般的な相続セミナーにおいて、
誰も、これらの話をすることは有り得ません。

ましてや、建設業の動向など話す会社が有るわけがないです。
相続税をいくら払うのかは、払い過ぎや何も対策をしないのはいけませんが、
対策を普通にすれば、結局は、国の定めた、
その時の税率を払うしか逃れようが有りません。

法務は、お父さんがしっかり遺言を残すなり、
兄弟・姉妹は譲り合いの気持ちを持たないと、
喧嘩になったら法定相続の権利を主張し合うだけの話になります。

銀行融資は、結局は、金利・条件の競争になります。

これらは、相続や、土地活用をスタートするうえで重要な一面では有りますが、
土地から、どれだけの収益を、如何にして最大限引き出すかという、
最も重要なところが全く触れられていないのです。

建築計画の建設費も含めた収益性について話すには、
①~⑤は、主催側の専門性から触れることはないですし、
建設費に対して、真っ当な地主様が疑問を持っていることすら知らないかもしれません。

⑥の施工会社は、出来れば高く受注したいのですから、
建設費に対しては、お客様に高い安いをご判断される立場にあり、
態々、自ら建設費が安くなるような提案をセミナーですることはないでしょう。

当社では、ブログやホームページで、
コンストラクション・マネジメントという手法を使った、
マンション建設費交渉のプロの目線から、
建設業動向を統計を交えながら書いてみたり、
当社のCM方式についてや、究極の土地活用を目指すうえでの
あらゆるノウハウを解説をしているつもりですが、
ブログの記事も膨大であり、読むのに骨が折れます(全部、ブログの記事を読まれてから当社に依頼されるお客様も多いですが)。

そこで、ご活用いただいているのが、当社の、
「地主様必見!究極の土地活用セミナー!」です。

長期CFシュミレーションについては、
シュミレーションソフトを使い、
架空の土地に、地主様が、マンションを建てると、
幾らの年間収入が有り、
35年間に渡っての累積収入が、
どれくらいの額になるのかということを、
プラン・建設費・賃料と共に、グラフと表で、お見せしたいと思います。

土地活用をお考えのオーナー様にとって、当社のセミナーでは、お話しする内容のにの殆どについて、初耳であることでしょう。

先祖代々受け継がれた、土地活用を本当に極めたものとして、
実行したいのであれば、
「このセミナーを聞かずして、プロジェクトを進めるべきで無い」
と自信をもってお勧めできます。

直接会って話を聞いてみたいという方や、
建設業の状況や、CM方式、マンション建設、賃料設定、プロジェクト・マネジメントの進め方、
何となく疑問に思っていることを聞いてみたい方、
もう、この方法しか無いと思って、参加してみる方、
自社の土地活用ビジネスの営業ツールとして使いたい方と、
様々な方が、いらっしゃって下さっております。

お客様からの、ご要望が無ければ、プランを入れたりすることも有りませんし、無理な営業活動は一切しておりませんので、ご安心して、お気軽にご参加ください!

それでは、次回10月25日(土)「地主様必見!究極の土地活用セミナー」のご案内です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
過去、5回開催し、有力不動産会社様等、プロのお客様にも大絶賛だった
㈱土地活用 本社での「地主様必見!究極の土地活用セミナー」の開催予定は、下記のとおりです。
【開催日程】
平成26年10月25日(土)13:30~15:30(受付13:00~)
【場所】板橋区板橋1-48-4ウッドリバー2F-B株式会社土地活用本社
【最寄駅】都営三田線「新板橋駅」徒歩1分
     JR埼京線「板橋駅」徒歩3分
     東武東上線「下板橋駅」徒歩7分
【費用】
無料
【内容】
CM方式での建設費をコストダウンする仕組みのご説明
・地主様の土地活用の長期キャッシュフロー(CF)シュミレーション
・最新の建設費(業)動向
・質疑応答
【定員】
8名(8名を越えましたら、次回(未定)開催に、ご参加ください。)
【申し込み方法】
info@kabu-tochikatsuyo.com
まで、氏名・連絡先を書いて、
メールを頂けますようお願い致します。
001.jpg

CM方式では、何故、入札1位のゼネコン金額から建設費が10%~18%削減でき、
どのようにコストダウン交渉を行って、どのような理由で下がっていくのか、
正しく理解を頂けるような、ご説明をまずいたします。

長期CFシュミレーションについては、
ランド・プランニング・スタジオのシュミレーションソフトを使い、
架空の土地に、地主様が、マンションを建てると、
幾らの年間収入が有り、
35年間に渡っての累積収入が、
どれくらいの額になるのかということを、
プラン・現状の建設費・賃料と共に、グラフと表で、お見せしたいと思います。

土地活用に関わりのある不動産会社様や税理士様、設計事務所様も
今後、絶対に必要な知識ですので、
お気軽にご参加いただければ嬉しいです。

↑画質は、歯車マークをクリックして1080Pでご覧ください。

↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

Kマンション

関連記事
2014/10/14 03:32|株式・投資TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/424-be9ff3c9

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.