建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       土地活用          建設費    

 

2013/07/08の記事でも懸念していましたが、
中国のシャドーバンキング問題と鬼城(ゴーストタウン)の問題が
徐々に深刻さを増してきたようです。

5月8日に、
中国デベロッパー大手、経営破たんの危機 「銀行から資金調達できない」
中国不動産大手の光耀地産が期限内に物件引き渡せず、資金問題で
とのニュースが飛び込んできましたが、いよいよ始まるか・・・
と、事態を注視しています。

このニュースが本当ならば、
100万㎡の開発案件を数件抱えているということですから、
弱小ディベではないでしょう。

東京ドームの面積が46,755m2らしいですから、
東京ドーム21個分×数件・・・

都庁の面積が、195,567㎡とのことですので、
都庁5個×数件・・・

中国は国土、人口ともに桁が違うなーと、
感心している場合ではないでしょうが、
日本で、そんな規模の開発しているディベなんて
メガバンクを持つ財閥系でやっているのかどうか?
程度で殆どないでしょう。

こういう噂が広まると、信用不安により、
ますます、売れなくなり、
ダイジョブだ、ダイジョブだと前日まで発表していたのが、
翌日、いきなり民事再生→
2週間後破産とかいうパターンが多いんですね・・・

そして、あの会社は大丈夫かと同業他社への信用不安が広がっていき、
どんどん融資が閉められていく。

少し前の、
中国の不動産バブル崩壊が始まった
という記事からも、不動産価格自体の値崩れも始まっているようですし、
ディベの資金ショートからの叩き売りが進めば、
消費者心理も冷え込み、
デフォルトが加速していきます。

この中国企業もシャドーバンキングから資金調達しているようなので、
その商品と販売元は間違いなく破綻するでしょうし、
このクラスのディベが飛んだら、
建設会社も元請け、下請けと、
一たまりもなく吹っ飛ぶでしょう。

リーマンショックの時も、
日本では、こんな規模のディベではなかったですが、
冬の終わり頃からチョロチョロと中小ディベが破綻をはじめ、
他人ごとかと思っていたら7月頃には毎日のようにバタバタと・・・

最終的には思い起こすだけでも、
ダイア建設、穴吹工務店、コスモイニシア、
アーバンコーポレーション、モリモト、
ゼファー、ジョイント・コーポレーション、
パシフィックHD、日本綜合地所と錚々たる、
ディベやファンドも民事再生やら、
会社更生、事業再生ADRとか破綻や債務免除をしていきました。

この中国企業が、どの規模の負債総額があるかは、
まだ解りませんが、開発規模からすると、
日本の破たんとは桁違いになりそうな気もします。

100万平米が数件というのが、
外構や道路を含んだ面積と思いたいですが、
これ以外の規模の建物も多数扱っていて、
5000億円とか兆円超えとかの負債を抱えたまま破産したら、
中国の方々の性格を考えても暴動起きるでしょうね。。。

先日、外国人労働者の受け入れが、閣議決定されましたが、
もしかしたら、不払いをくらって仕事を失った、
中国建設業から大量に押し寄せてくるかもしれないですね。。。
(インド・ベトナム・インドネシア当たりから来るかと思っていましたが)

日本の建設業は、現時点でも中国系の職人は結構いて、
12年前に現場監督やってた時の現場は、軽鉄・ボード屋の職人は
8割中国人でしたし、設備屋にも中国系の番頭がいる会社はありましたので、
そういう系統の会社が受け入れるのかな。。。

差別ではないですが中国人は、
コリゴリと言っている専門工事会社もいますけど…

日本の金融機関は、今はジャブジャブにお金を持っているので、
直ぐにどうこうなるものでも無いとは思いますし、
金融は素人なので、世界経済に与える影響は推測不能ですが、
建設業の経営者として無視できる代物ではないので、
注視ししていきたいと思います。


人気ブログランキングへ

Kマンション


↑画質は、歯車マークをクリックして1080Pでご覧ください。
関連記事
2014/05/09 11:00|土地活用TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/412-354975ac

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.