建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       土地活用          建設費          マンション          セミナー    

 

今日は、前置きが長くなりますが、
後ろの方に、ミニ土地活用セミナーの開催について書いてみたいと思います。

良く「何で起業したのか」と聞かれる事がありますが、
「他にヤリタイ・ヤレルことが無かった」
という極めて後ろ向きな動機で
リーマンショックの直後の5年前、
31歳でサラリーマンをやめました。

当時は、超絶不景気でマンションを新築しようという機運は皆無。

世の起業家達は、確固たる戦略やルートがあって起業するのでしょうが、
何の個人実績もない31歳の若造が、
コンストラクション・マネジメントという当時は誰も知らない手法で、
億を超えるマンションを10%以上安く建てられると言っても
誰も信じてくれる訳もありませんでした。

1万円の商品を売るのにも大変なのに、
億を超える商品は訳が違います。

元々現場監督の技術屋で、
営業はやったこともなく、
資金力も知名度も皆無。

誰も知らなければ、仕事の話など来るわけも無いと、
必死で、このブログを書いたら、一件の問い合わせが来ました。

調度、ここら辺の記事を書いていた時の話です。
誰の為に建設するか?パート1(建設費のカラクリとコンストラクション・マネジメント)  
誰の為に建設するか?パート2(建設費のカラクリとコンストラクション・マネジメント)
誰の為に建設するか?パート3(建設費のカラクリとコンストラクション・マネジメント)
誰の為に建設するか?パート4(建設費のカラクリとコンストラクション・マネジメント)
誰の為に建設するか?パート5(建設費のカラクリとコンストラクション・マネジメント)

スーパーラッキーでした(笑)

収入が全くなかったのでお金が無くて、
ライフラインも切られていく中、
布団の下に転がっている小銭を握りしめて
営業に行き、受注し、コストダウンの結果を出しました。

並行して両親に入金までの2か月分の生活費を借り、
心配はしていたがその日に振り込んでくれた。

その後も3年間は苦戦は続きましたが、
沢山の応援・支援という幸運のおかげで、
未だに続けられています。

もう一度同じことをやれと言われても、不可能でしょう。

今では、大資本のハウスメーカーや土地活用系営業会社と
同じ物件で競り合っても絶対に当社が勝てる提案が出来ます。

当時と気持ちは何ら変わりは無く、
同じことを続けた結果
年間20億のマンション建設を扱えるようになりました。

絶対に、勝てる提案ができると言うのは、社会に出てから、
私生活の充実はないがしろに
建設費を安くすることだけを考え、生き続けてきた人間と、
ただの営業マンとは、
「食ってきた飯が違い過ぎる。」
ということです。

勝てる訳ないじゃん(笑)
とすら思っています。

他の土地活用系の営業会社、ゼネコン、設計事務所とは
全く異なる、唯一無二の特別なサービスを展開している会社として
成長を続けていければと思います。

そして、あれから5年が経ち、先日、両親を新事務所に招待できました。
001.jpg

思ったより年老いていましたが、喜んでくれました^^
まだまだ恩返しは足りないが、
少しだけ期待に応えられたかもしれないと思いました。

㈱土地活用は、応援してくださる沢山の方々の
期待に応えられるよう頑張りたいと思います。

新事務所では、小さいながらもミニセミナールームを作りました。

60インチを前に8席限定で、
過去に開催した150名セミナーのように、
大規模には出来ませんが、
ミニセミナーを定期的に開催したいと思います。

前々から、セミナー開催をまたしないのかというお問い合わせは多いのですが、
暫くは、このミニセミナールームを使って細目にやっていこうかと思います。
(大規模セミナーは、準備が物凄い大変なんです(汗))

ただ今、満席の為、次回開催の募集は6月7日(土)となります。

真近の開催予定は、
【開催日程】
平成26年5月17日(土)13:30~16:00(受付13:00~)
【場所】板橋区板橋1-48-4ウッドリバー2F-B株式会社土地活用本社
    ↑クリックすると地図が見れます。
【最寄駅】都営三田線「新板橋駅」徒歩1分
     JR埼京線「板橋駅」徒歩3分
     東武東上線「下板橋駅」徒歩7分
【費用】
無料
【内容】
・CM方式での建設費をコストダウンする仕組みのご説明
・地主様の土地活用の長期キャッシュフロー(CF)シュミレーション
・最新の建設費(業)動向
・質疑応答
【定員】
8名(8名を越えましたら、次回(未定)開催に、ご参加ください。)
【申し込み方法】
info@kabu-tochikatsuyo.com
まで、氏名・連絡先を書いて、
メールを頂けますようお願い致します。


ただ今、満席の為、次回開催の募集は6月7日(土)となります。


土地活用に関わりのある不動産会社様や税理士様、設計事務所様も
今後、絶対に必要な知識ですので、
お気軽にご参加いただければ嬉しいです。

長期CFシュミレーションについては、
ランド・プランニング・スタジオのシュミレーションソフトを使い、
架空の土地に、地主様が、マンションを建てると、
幾らの年間収入が有り、
35年間に渡っての累積収入が、
どれくらいの額になるのかということを、
プラン・建設費・賃料と共に、グラフと表で、お見せしたいと思います。

確かに値上がり基調ではありますが、
今の時勢でも、地主様が建設費をぼったくられずに、
適正な価格できちんと建てると
莫大な収入が入ってくる
ということを、数字とグラフで、
ご理解いただきたいと思います。

一般の事業を起こせば解りますが、
お客様からお金を頂いて、
収益を上げる事は並大抵のことではありませんが、
きちんとマンションを建てれば、血眼になって、
走り回っている一般事業主の頭がクラクラするほど、
莫大な権利収入・利益が入ってきます。

また、今の建設業の状況と、
今後(2016年3月頃竣工分)の建設費の動向に予想ついても、
ざっくばらんに、お話が出来ればと思っております。

こういうセミナーに参加すると、
ガンガン営業電話が掛かって鬱陶しいとか、
思われる方もいらっしゃるとは思いますが、
元々、草食系営業マンですし、
順番待ちや、本見積時期が被って満足なサービスが提供できそうもなく
お断りせざる得ない時もある程、
猛烈に忙しいので、
グイグイ系の営業は全くしておりませんので、
ご安心ください(笑)

それでは、お気軽に遊びに来てください。
↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

Kマンション
関連記事
2014/05/02 12:03|土地活用&新築不動産投資勉強会・セミナーTB:0CM:1

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
#|2014/05/07(水) 20:31 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/410-0cd89594

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.