建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          土地活用          マンション    

 

株式会社土地活用
突然ですがこの記事をご覧になっている皆様も、
何かをするときに情報収集をすることでしょう。

例えば行楽地に行く予定があれば、より良い旅になるように、
現地の観光スポット、交通費、旅館の料理・お風呂・評判、
天気etc・・・
を事前に調べてから行くことが多いでしょう。

今の時代、ネットで検索をかければ無数に有益な情報は出てきます。
情報を得ること・発することは、ここ10年ほどで圧倒的に簡単になったと感じております。
(無益な情報も沢山ありますが・・・)

ということで、本日は、情報収集の重要性と、土地活用について、
書いてみようと思います。

前にも書いたかもしれませんが、
孫子の兵法には、
「彼を知り己を知れば百戦危うからず。彼を知らずして己を知れば一勝一敗。
彼を知らず己を知らざれば戦うごとに必ず危うし」

という言葉があります。

ミッドウェー海戦では、兵力は互角であった帝国海軍と米海軍の勝敗を大きく分けたのは、
索敵からの情報収集に基づく、戦略立案と言われております。

私自身は軍国主義者でも戦争マニアでもありませんが、
ミッドウェー海戦をご存じない方のために、動画を探していたら漫画があったので、
こちらをご覧いただければと思います。





動画でも言っていますが、勝敗を分けたのは偶然性、必然性と様々な事が複雑に絡んで、
多少の幸運・不運があったのかもしれませんが、
勝者は勝つべくして勝ち、敗者は負けるべくして負けたのだと思います。

しかし、地主様や投資家様がマンションを建設する場合において、
莫大なお金が動くにも関わらず残念な事に殆どの方は真の情報収集を怠り、
なんとなく、知り合いから紹介された、又は、聞いたことある会社だから
等と言う理由で、建設を開始されているのが実態でしょう。

真の情報収集とは、戦いに勝利するための情報を得るということです。

帝国海軍は米海軍には負けたかもしれませんが、
一定の打撃を与えていますし、情報収集もしていなかった訳ではありません。

開戦当時は、大艦巨砲主義から戦闘機を主体とした空母の時代への
戦略変更に置いても、米海軍に劣っていたわけでもなかったと言われております。

それでも、残念な事に負けてしまいました。

同等・互角の兵力は、
地主様にとっては土地に置き換えられるかもしれませんが、
同じ土地にマンション等を建てる際に、
建てる方法について真の情報収集をせずに、
本来であれば、収益的に圧勝できるはずの立場を
不意にしているケースが多いように思います。

立場を不意にしているとは、きちんとした戦略に基づいて、
計画を行えば本来得られたはずの莫大な利益を取り逃がしているということです。

当社は営業活動中にオーナー様より他社の提案収支を見せて頂くこと事も多く、
現在、見積作業をしている案件でも、
1年前の他社提案の総事業費から2億円以上削減できる見通しがあります。
(建設費が値上がり基調の中でもです。)

殆どの方々は、働いてお給料や、事業をされている方は、
お客様から売上・粗利を得た経験があるとは思いますが、
普通の人であれば、それだけの金額を稼ぐことは、
並大抵ではなく、長い年月をかけて、得られるかどうかも解らない途方もない金額です。

情報収集を怠り、何となく、そのような高い提案を受け入れる地主様がいるからこそ、
その提案会社は大規模に成り立っている訳ですが、
そのような提案を受け入れてしまえば、
長期的な結果として、残念な事に飛龍や赤城のように、
本来持つポテンシャルを発揮しきれないまま、
先祖から残された土地があるという極めて幸運な立場を手放してまうことになる方も
いることでしょう。


仮に、建設業・建設費の仕組みを知りつくす私が、
一定規模のマンションを事業主として建設できる立場にいれば、
必ず、コンストラクション・マネジメント方式にて見積をします。
(土地は、持っておらず、土地を買って建てる程、資力がありませんが・・・)

殆どの地主様が、土地活用を思い立って最初に行っていると思われる、
土地活用系の営業(施工)会社に問い合わせる事は時間の無駄なのでしませんし、
設計施工方式で、発注することもあり得ません。

設計事務所に設計監理を依頼した上での、
単純な相見積方式での発注をすることもしません。

単純な相見積方式より真のコンストラクション・マネジメント方式では10%以上安く、
同じ物が建設できることを知っていて、
建設費と賃料のバランスを見ながら、最適な部屋割り、仕様を選定するノウハウがあり、
それに人生を捧げてきたからです。
(同年代の方がしてきたであろう楽しいことなんて殆どしていません)

私に、ご依頼頂いた、お客様方は、情報収集を行い、
結果として、賃貸経営という面から、
圧倒的に有利な立場に立てることになった方々ばかりです。

仮に、何も考えずに土地活用営業会社の言われるがまま建てた
他の大家さん達がローン支払に苦しむ時代が来たとしても、
左団扇(うちわ)でマンション経営を乗り切っていくことでしょう。
(そもそも弊社は将来的に融資返済に困りそうな案件は、
一時的に儲かってもポリシーに合わないので、お断りしてますが。)

その方々が勝利を確信できる立場に立てているのは、
偶然でしょうか?必然でしょうか?

それは、ミッドウエー海戦にて米海軍が勝利したことと同じように、
偶然、一次情報を知った等という状況から、
勝てる戦略を立案し(させ)、正しい決断ができたということは、必然的な勝利なのだろうと思います。

戦いの勝敗は、情報収集からの選別、
戦略立案の部分で大半は決まっており、
選別した正しい情報から情勢を分析し、勝てる戦略立案さえできれば、
それに沿って戦いに挑むのみです。

株式会社土地活用にコンストラクション・マネジメントをお任せいただけるのであれば、
企画から建設中までは軍師・傭兵として私がコスト・建設プロジェクトと戦い、
建設後は、勝てるのが解っていながらも
入居者募集は大家さんの仕事となります。

一定の賃料坪単価が得られる首都圏では、
土地があれば莫大な収益(長期累積キャッシュフロー)をあげるマンションを建設することが
可能です(きちんとやれば)。

しかし、業者に踊らされて、きちんとやらなければ、
家賃収入から、経費・ローン・税を引いた額が
マイナスになるデットクロスを迎え、収益性の悪さから、
その時点(15~20年程度後)での内部留保も薄く止む無く手放している方が実在し、
結果として賃貸マンションの任意売却案件などが生まれて来るのです。

提案内容は、土地活用営業会社や一般的な建設業の会社と、
真のコンストラクション・マネジメントでは全く異なるものです。

その事を、出来るだけ多くの地主様・投資家様に知って頂きたいと思います。

少なくとも、このブログ・記事に辿りついた方々は、
建設という日常生活では滅多に起こらない一大事業に向き合い、
情報収集をしようと思い、「建設費」か何かの検索をして来られた方が、
多いと思います。

真剣に、マンション建設をお考えである方は、
過去の記事においても、殆ど出し惜しみすることなく、
何処にも書いていない、大半の建設関係者ですら知らない
建設業の裏話・ノウハウ・分析を開示しています
ので、
是非、遡って、ご覧になって参考にして頂ければ嬉しいです。


↑画質は、歯車マークをクリックして1080Pでご覧ください。

↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

土地活用事例2
関連記事
2013/07/14 21:06|土地活用TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/402-f603a80a

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.