建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          土地活用          消費税          マンション    

 

平成25年3月22日の公正取引委員会から発表された
「消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法案」
↑詳しくはクリックして各条文をご覧ください。

簡単に纏めると、オーナー様は今年の9月末までに請負契約すれば、
来年、4月以降の竣工物件においても、5%のままで良いということです。
詳しくはこちらもご覧下さい。
(消費税は原則として、竣工引渡し時の税率が適用されますが経過措置として、
このようになっているようです。)

オーナー様からゼネコンへ支払う消費税は、簡単で解ったけど、
ゼネコンからの下請専門工事会社への支払いはどうなの?
という、素朴な疑問は誰でも湧くと思います。

ゼネコンさんと下請専門工事会社さんに対して、
建設費の原価を交渉していく会社の代表者として、
見積上のルールとして当然うやむやに避けて通ることが出来ません。

まずは、取引先から情報収集。

幾つかのゼネコンさんに現状の考えを聞いたところ、
「まだ、下請への支払いまで考えていない」
「前回のは監督だったから良く覚えていない」
という回答です。

そこで、国に突撃電話です(笑)

たらい回しにされた結果・・・

公正取引委員会(うちは取り締まる側だから国税庁に聞いてください。)
→国税庁HPに内閣官房消費税価格転嫁等対策準備室の問い合わせ先
→内閣官房消費税価格転嫁等対策準備室
(公正取引委員会に聞いてください→すで聞いた(笑)→経済産業省に聞いてください。)
→経済産業省(財務省主税局税制第2課に聞いてください。)
→財務省主税局税制第2課

初めは、相対取引の契約だから・・・のようなことを仰っていましたが、
「国がルールを言ってもらわないのは誰かに不要な税のシワ寄せがきて困る」
と伝えたところ、ご回答頂きました!

聞いた質問と、解答は下記の通り、
(聞いたことは書いてますが、正確には、ガイドラインが出るまで待つか、ご自身でご確認ください。)

①下請契約が本年9月末までに完了している場合、来年4月以降も5%で適用で良いか?
・OK

②元請契約が本年9月末までに完了していて、下請契約が10月以降の場合は、
来年4月以降は8%支払いで、その増税分負担は、元請ゼネコンとなる解釈で良いか?
・OK。でも8%申告すればゼネコンの負担にはならないはず???還付ではない???
(ゼネコンから社員へ給料分の支払いは消費税掛からないから、
3%じゃ還付のような事は起こらない気がしますが、顧問税理士さんに真意を確認中です。。。)

③上記の場合、来年4月以降の物品(建材)購入の税率は納品時の税率で来年4月以降は8%か?
・OK

④本年9月以前に下請契約をした場合、来年4月以降の物品(建材)購入の増税分負担は、
下請となる解釈で良いか?
・OK

⑤ガイドラインが示されるのは何時か?
今作っている。今、国会で審議中なので審議が通り次第出す予定。
増税するかが確定するかどうかは関係なく先に出す。


6月末?目標?らしいです。

来年4月以降の竣工物件なんて、着工しているのも沢山あるし、
もう世の中動いちゃっているんですけど。。。

住宅瑕疵担保責任保険の適用時も基礎工事(鉄筋の検査が必要)が終わった後に、
法律上の申請が始まって国交省に毎日のように電話して騒いだ挙句結局、
全国的にタイミングが合わなかった場合は、
非破壊検査でOKにして貰ったですけど、今回も混乱するでしょうね。。。

改正建築基準法の時もぐちゃぐちゃでしたが、今回は国土交通省はあんまり関係なく
省庁横断の大増税国家プロジェクトで一番最初に、
一番大きく迷惑が掛かるのも建設業でしょう。

元はと言えば瀕死の民主党の元野田総理が
突っ走って強引に決めた事に問題があるのですが、
この決定は国民を幸せにしたのかと思う日が来るでしょう。

しかし我々、一般人は、国の決めた法律・ガイドラインに従って働くしかないわけですから、
「実態に即した」「全国統一の」経過措置ガイドラインを一刻も早く示して欲しいものです。

今後、3%、5%の消費税増税は、消費税還付を受けれない業態の法人、
個人の事業主様にとっては、大きな負担になるでしょうし、
確実に、1件の税額の大きい建設業にシワ寄せは回ってくるでしょう。

100円のパンで3円上がるのとは訳が違います。

分譲マンションや戸建の価格に転嫁できるかは、
一般的には住宅ローン減税に騙されている部分もありますが、
減税措置が終わった瞬間から減税分が
そのままローンを受けた人の負担に圧し掛かってくるのは目に見えているので、
購入判断も鈍るでしょう。

そもそも、今、銀座などで、瞬間的な好況に沸いているのは、
株や金、不動産を保有している一部の資産家の方々だけですし、
一般的には、円安と増税で実質的な物価上昇するだけで
余計に苦しくなるだけでしょう。

1年後に景気動向がどう動くかは注視していく必要があると思います。

また、分譲マンション以外の用途も建設業には沢山ありますが、
公共事業などは、国や県が余計に税金を払うだけになりますし、
いっその事、安部総理の英断で、増税無しなんて事があることを期待しつつ、
準備だけはしていかなくてはと考えます。

今後も動向を追っていきます。続く・・・


↑画質は、歯車マークをクリックして1080Pでご覧ください。

↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

土地活用事例2
関連記事
2013/04/08 14:59|土地活用TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/399-5d0974ab

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.