建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       土地活用          建設費    

 

お施主様の側に立つ事と、施工者の側に立つことについて
考えてみたいと思います。

ある方は、kkenji1は、お施主様からFEEを貰っているのだから、
弁護士と同じで100%お施主様の立場に、
たって物を言わなくてはいけない。
と、おっしゃいました。

果たして本当にそうなのか?
自問自答することがあります。

確かに、着工までは、大部分はお施主様の立場にたって、
建設費を交渉しなくてはなりません。

建設費を交渉するのが、仕事ですし、それが良いことをしていると思っています。

但し、条件付きで、いつも見積して下さる取引先にお伝えするのは、
「損してまで受注する必要はない。出来る金額を出して欲しい」
ということです。

当たり前ですが受注をした結果、関係した方々に潤って欲しいと思っています。

CMが後腐れがないというのは、無茶な受注を強要しない・出来ないことで、
原則は受注者全員が自らの意思で受注し、何かしら潤うということが前提です。

しかし、そうは思っていても、工事着手までに、タイムラグがあることにより、
結果として、損してしまうことが、あるかもしれません。

そういうことが目に見えている場合、
受注先や職人さんに申し訳ない気持ちで一杯です。

勿論、ビジネスライクに考えれば、
儲けるつもりでやると言って受注したのですから
完遂するのが当然という考え方で対応しなくてはなりません。

しかし、甘いと言われるかもしれませんが、社会情勢の変化により、
明らかに職人さんが資金不足により応援も呼べずに苦しんでいるのが目のあたりにした場合、
自分が施主であるほどの財産があるのであれば、
何かしてあげられればとは思うのですが、
多額の工事代金から見れば、どうこうできる資力もないため、
見過ごすことしかできない自分もいます。

ふと、お施主様に何か協力を仰ぐことなどできないだろうか?
と、頭の中を過ぎることもあります。

勿論、そんな事を言える立場ではないのですが、
例えば、お施主様が損した気分にならない程度に格段必要ではないような、
過剰な仕様を変更承認いただくことにより、
いくばくかの費用を捻出するなど・・・

まあ、実際は、そんなことを言ったら、
あなたのFEEを減らすと言われるだけなので、
言えませんが。。。

当然、承認無しに仕様変更などありえませんが、
余りに過酷な状況を目の当たりにした場合、
少なからず、こういう考えが頭の片隅にあるということは施工者側の立場に立つことです。

自分も施工者でしたし、発注した数字や相場の変動も、
すべて把握しているのですから、
施工者が何を考えているかぐらいは、痛いほど分かります。

中々、理解し難い方も、いらっしゃるかもしれませんが、
今後、お施主様になるであろう方々に、
覚えて置いていただきたいことがあります。

建物を建てると言うことは、多くの人がお施主様の為に動き、
多くの人がそのことにより生活し、潤います。

勿論、建設業に関わる以上は、
お施主様の為に建てるということは忘れてはいけない部分です。

但し、お施主様が、お金さえ払えば一番偉いわけではないということです。

職人さん達が、重いものを担いで、汗だくになって、働いている姿を見て、
自分に同じことが出来るのか?
出来ないのであれば、職人さん達が、どういう思いで汗だくになって働いているか?

一度、考えてみてください。

銀行からの評価が高く、土地を買って、マンションを建てる事が出来た自分と、
汗だくになって、重い鉄筋を肩に食い込ませて担ぐことが出来る職人さん、
型枠を毎階、荷揚げして組立が出来る職人さん。
ボードを何枚も背負って荷揚げをする荷揚げ屋さん。。。

マンションが建てられるようになるために、
一杯勉強したのかもしれないし、世渡りが上手かったのかもしれない。
人知れず努力をしたかも知れないし、運が良かったのかもしれない。

果たして、どちらが、人間として偉いのか?
それは、銀行からの評価とは全く別のところにあるのかもしれません。

自分は派遣社員として監督をしていた社会人1年生の頃、
朝から晩までボロボロになりながら、
鉄筋の重さも、型枠の重さも教えて頂きましたが、
職人さんの1/10も担げませんでした。

一日が気が遠くなるほど長く、
翌日の朝は、6時に起きて、7時半までに現場について、
8時に朝礼をし、夕方の18時まで。
それが月曜日から土曜日まで・・・
日曜が明ければ、又、次の土曜まで永遠と続く。。。

職人さんに怒られるかもしれませんが、
一般的な生活をしている方には、まず3日も耐えられないでしょう。

汗だくになりながら黙々と、
鉄筋を担ぎ、組み続けられる職人さんの方が偉いと思います。

そして、そういう職人さん達が居ない限り、
幾ら銀行からの評価が高くても、
建物は建てることが出来ません。

だからと言って、工事代金以外に職人さんに金品を配ったりする必要はありませんが、
その辺を分かった上で、施工者側にも理解のある、
素敵なお施主様になっていただければ嬉しいです。

↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

土地活用事例2

プリモ 

株式会社土地活用

土地活用&新築不動産投資セミナー
関連記事
2011/09/06 02:02|日記TB:0CM:2

コメント


kkenj1さんの真面目で誠実なところが、出ている記事ですね。kkenji1さんは施主の立場で頑張って下さることは分かっているから、これだけの人がついてくるのはわかってますが、そのバランス感覚、とても大切だと思います!
ますますファンになりました!!これだけの人の心を動かすのは苦労を元に熟成された誠実さだと思います。kkenji1さんは、お会いした瞬間にブログの記事と全く変わらず、その誠実さに加えて熱意、頭の良さもあることがわかりました。いろんなコンサルさんとお話しましてきましたが、お話しているときの明快さ、心地さは雲泥の違いです。それはkkenji1さんのかかれてきた汗が、糧となっているのだと思います。必ず熱い思いが通じる時がきて一角の方になられるかと思います。セミナーのご盛況振りをみても、更にお忙しくなるとは思いますが建てる時は絶対にお願いしますね!ますますの活躍期待しています。
ささき #-|2011/09/12(月) 02:26 [ 編集 ]


ささきさん
メールでもお送りしましたが、こちらでも改めて
コメントありがとうございます。
褒めすぎですが、一生懸命やれば必ず結果はついてくると思って頑張っていきます。
今後ともよろしくお願いいたします。
kkenji1 #-|2011/09/18(日) 18:27 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/353-22c0d921

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.