建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       土地活用          建設費    

 

土地活用における建設費の沢山のご相談いつも有難うございます。

相談してみようかどうしようか、
迷われている方もいるかもしれませんので、
土地活用や、建設費の、ご相談を受けたとき、大体どのような、
流れになるか書いてみようと思います。

まずは、このブログを全て読まれての問い合わせが殆どなので、
解ってるよと言われることが多いですが、
CM方式について、きちんと理解していただくようご説明し、
そのやり方で宜しければ、簡単な書類に押印頂いて、
プランの作成を、幾つかの信頼している設計事務所にお願いしています。

そして、まず、叩き台のプランを設計事務所に作って頂き、
大体、ざっくり建設費がどれぐらいで、賃料収入がどれくらいで、
利回りがどれぐらいか、弾きます。

そこで、全然、無理そうだったら、話は進めませんが、
東京23区や、横浜、川崎の市街地の土地活用であれば、
大体、利回りがあってくるので、大丈夫とは思いますが、
一旦、銀行などに当たっていただいて事業性・意向を確認して頂きます。

それで、大体、大丈夫であると、返事を頂いてから、
プランをいじって、ああでもない、こうでもないと、
お施主さん、設計事務所、kkenji1と、やりあってから、
より良いプランを作っていきます。

平行して、事業収支・プロジェクト工程を作成して、
融資を確定していきます。

ある程度、躯体の形状が決まったら、
CM業務委託契約をkkenji1側と、
設計業務管理契約をご紹介した設計事務所と、
それぞれ結んで頂きます。

その後、設計図書を作成し、確認申請提出→CMによる建設費の本見積開始です。
で2ヶ月後ぐらいに請負金額と施工するゼネコンと請負金額が確定し
請負契約・着工という流れになります。

大体、すんなり行って話を頂いてから半年後ぐらいに着工
というイメージだと思います。

土地を買うか買わないかだけなので、
新築不動産投資着工までの流れ
についても、併せてご覧になって頂ければご理解が深まると思います。

問い合わせすると、営業電話が鬱陶しいんじゃないか、
などという、懸念をされている方もいるかもしれませんが、
お客様からかかってくることがほとんですし、
用件がない限りまず営業電話などしませんのでご安心ください。


土地活用をするときは、ゼネコンやハウスメーカーの設計施工は避けるべきなのは、
何度も書いていますが、
設計事務所の選定は、お施主様のどうしても使いたいところがあれば、
何処でもいいのですが、ああでもない、こうでもないとプランをやっているときに、
ちょっと目を話した瞬間に、賃貸の収益性を最大化するという目的から外れ、
明後日の方向に、暴走する設計事務所
も多いので、
その点は、お施主様自身がタズナ裁きを十分に気にかけたほうがいいです。

プロジェクトの中心はお施主様ですから。

別に、変な提案を含ませた図面であってもCMは、
なんの問題も無くできるしFEEにも全く影響ない(逆に総額が上がって増える?)のでいいのですが、
それって、お金捨ててるだけどどうなのよ?

と・・・

見逃すのもどうかと思います。

だって、建設費の10万円は全体から見ると誤差の範囲内ですが、
定食屋に入って10万円の定食を食べるとなると、
ちょっと無駄遣いしすぎと人間それなりに考えるものです。

10万円の味噌汁美味かったーーーなどと、報告したら、
きっと奥さんにもアンタ馬鹿じゃないのと、怒られることでしょう。

そんなことはさておき、真面目な話、
土地活用の成否は、企画段階で、99%決まってしまいます。

VEなどで対処しようのない提案や企画の場合、
1からやり直した方が早いかもしれないと言うこともありますので、
折角このブログをご覧になって頂いたのであれば、
お気軽にお問い合わせ・ご活用頂ければ嬉しいです。

↓応援クリック頂けたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ

土地活用

土地活用事例2

土地活用事例1 

関連記事
2011/05/28 21:36|土地活用TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/316-bd6491e8

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.