建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          土地活用    

 

今日は、表面利回り14%以上でそうな、
よさげな土地(上屋あり)があったんで、資料を取り寄せてみた

なんと利回り10%で即時売却すれば、
4000万のキャピタルゲインでないかーーーー
一瞬頭の中で札束が舞った(笑)

しかし、ネット上で建蔽率60%と書いてあったのに、
風致地区で40%しか建てられないようだ。
ボツである(涙)

しかし勉強になったのでよしとしよう。

資料がFAXで届くまでの間、いつもは、ざっくり
容積、建蔽率ぐらいしか
シュミレーションにしていないんだけど、
待ちきれずに、ざっくり日影と採光を考慮した
基本プランまで書いてシュミレーションしてしまった。

頭の中にはある程度イメージがあったのだが、
実際やってみるとナカナカ面白かった。

その土地は南東から北西方向に、ながーい土地だったんだけど、
南側に窓を付けようと思うと
法律上の採光がなかなとれない。

判りやすく言うと、階数を目一杯積んで法律上の採光を取るには、
南側の隣地境界線から建物を離さなければならないのだ。

すると、どういう現象が起こるかというと、
建物が北側に寄る。

別にいいじゃんと思われるかもしれないが、建物
北側に寄ると、日影規制に引っかかりやすくなるのだ(涙)

ここで、採光について触れさせて頂く。
法律上必要とされる採光は
居室面積/7≦有効採光面積である。

有効採光面積とは
ΣA×α
窓の面積A
採光補正係数α

α=D/H×6-1.4(住居系地域)である。

Dが窓から、窓に面する隣地境界線との距離
Hはその居室の窓の中心から上階の一番高いところまでの高さである。

イメージとしては隣地境界から離れてないと
Dが取れないのである。
そして下の方の階に行くほど、Hが大きくなるから
不利になる。

しかしDの取り方に抜け道があるのだ。

例えば
=で、上の-が隣地境界、下の-が窓面とすると、
Dは、=の垂直距離である。2辺を
相当離さないと下階の採光は取れない。

しかし
T /
 /
/
の/を隣地境界Tの上-を窓とすると、
Dの距離は、Tの|と隣地境界/の交点までの距離なのだ。

隣地境界に向かって斜めに窓を取るとDは無限大にでかくなる。

境界-------に対し、
----------
へへへへへ
のように、建物を作れば採光を確保しやすくなるので
結構使えるテクニックかもしれない。
(「へ」だと壁の長さが長くなって施工費は若干あがるけど・・・)

(補足として道路面に向かって窓をとる場合は
Dは道路の反対側までの距離になるからほとんど採光はOKとなる。)

押さないと満室にならないかも(笑)→



(document.title)+'&u='+encodeURIComponent(location.href)+'&ei=UTF-8','_blank','width=550,height=480,left=100,top=50,scrollbars=1,resizable=1',0);">Yahoo!ブックマークに登録

コンストラクション・マネジメントによるコストダウンの実例です。
そのカラクリは建設費とコンストラクション・マネジメントの記事を是非ご覧下さい。
土地活用事例2

土地活用事例1


コストダウン頑張ります!
(document.title)+'&u='+encodeURIComponent(location.href)+'&ei=UTF-8','_blank','width=550,height=480,left=100,top=50,scrollbars=1,resizable=1',0);">Yahoo!ブックマークに登録

国境なき医師団 一日100円
関連記事
2006/05/25 21:43|新築不動産投資着工までの流れ他TB:0CM:3

コメント


使えるテクニックかもしれない
とかいたが・・・・

お施主さんの立場から言ったら
採光が・・・とか言われたら

ギザギザハート
どうよ???って言って見るだけでも
効果があるかもしれない

そんな熱心なお施主さんには
関わりたくないけど(汗)
kkenji1 #H6RSI4P.|2006/05/26(金) 02:10 [ 編集 ]


どーも、こんにちは~

アイビーダイワ、確かになかなかガスが出ないですね^^;
週末に期待してホールドしますた (`・ω・´)
アニキ #wyPnW/yE|2006/05/26(金) 15:16 [ 編集 ]


もう僕の頭の中はアイビーで一杯(笑)
三井物産系の日本ユニシス社長が、
社外取締役になったみたいです☆

もう三井物産Gと一緒にサハリンでも
東シナでも開発しちゃって頂戴(笑)




kkenji1 #H6RSI4P.|2006/05/26(金) 18:53 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/31-409cadb3

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.