建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          震災          東京    

 

前回に続いて、震災前後による建設業・建設費の影響を書いていきます。

まずは、建設資材物価指数

これは、3月のデータも載っているようですが、
多分、3月前半までの相場を集計したものだと思います。
ああん

今年に入ってから緩やかな上昇傾向にありました。

建設ナビの建築費指数
1103_01 (1)
資材に吊られる形で、手間賃も若干改善され、
緩やかに上昇傾向にありました。

東京の着工状況を見ても、昨秋頃から分譲マンション(緑)の
戸数に改善が見られていました。
ddddddddddddd (1)

↑クリックすると綺麗に見えます。

そして、景気に改善が見られた矢先に震災です。

「東日本大震災」に関する 建設資材情報
を見ても、躯体関係のなかで鉄筋・型枠資材、電線・ケーブルは強含みの予測が出ていますが、
他は変わりませんし、現場の感覚と同じで、
既に改善の兆しが出ているものもあります。

お客様の中に、資材を大量生産したらその分安くなるんじゃないかなどど
思われる方も居るかもしれませんが、そんなことありません。

資材は、景気が良くなれば(需要が増えれば)上がりますし、
海外の影響も受けます。

今、最も注目しているのは、
3-4月の建設工事受注動態です。

その中でも、土木の災害復旧は早急に加算されてくるとは思いますが、
建設工事はどうなのか・・・

45兆円ある建設業(土木・建築含む)の年間総出来高に対し、
5000億円の仮設住宅の予算が、
今年度の総出来高にどのような影響をあたえるのか・・・

大体、翌2-3月竣工に向けて3月に受注は増えるのですが・・・
この混乱により、首都圏ではゼネコンは受注高は伸びていないのではないかなと思います。

ゼネコンは普通受注してから下請けと最後の単価交渉をするので、
今後の単価に反映されてくると思います。

今後数ヶ月で、
資材・人区の東北、首都圏トータルでの需給バランスがどちらに動くか
注視が必要だと思います。

ただ、その中で、事業収支を組むときは、5-6ヵ月後の建設費指数換算で、
もしかしてに備えて97-100レベルぐらいで考えといたほうが、
お施主様のためになるのかなと思います。

ガソリン、米、納豆の供給が戻ってきているからといって、
直ちに、建設費に影響はないと思うより、
確証が取れる統計がない中では、あがるかもしれない要素がある中で、
思ったより上がらなかったり震災前より下がったならば、
それは、それという考えでないと、
賢明ではないと思います。

1年前の概算時には急激に上がる要素が全くなかったのですが、
徐々に上昇傾向でいたここ数ヶ月の中で、
今は、もしかしたら、上がるかもしれないし、
もしかしたら首都圏での着工数が伸びずに、
今と変わらない、もしくは91-92ぐらいかもしれません。
(90以下になることは絶対に無いと思います)

建設よりも上下の速さの速い
不動産(地価や分譲坪単価)の動きや、
液状化エリアの大規模マンション開発がどのようになっていくかも
注視していく必要もあると思います。

一方でコンストラクション・マネジメント
ではどんな状況であっても
相場から10%以上コストダウンは可能です。

相場は常に動くので注視は必要ですが指数換算で
100→90
90→80
ということです。

今後、震災を挟んでコンストラクション・マネジメントを行った2億ぐらいの物件について、
どうなったかについては、書いていこうかと思います。

震災直後、米も、カップ麺も、ガソリンも、電気もない業者さんが居る中で
瞬間的に跳ね上がった業者さん(便乗?保険?)も一定数いましたが
もちろん、震災前単価の総見積額と比べて恥ずかしくない結果は残しました。

参加したゼネコンさんや専門工事会社さんがブログを見てると
こんな状況でも叩いた酷い人みたいに思うのも嫌なので
若干オブラートに包んで書こうかと思います。

↓応援クリック頂けたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ

神戸


土地活用事例2

土地活用事例1 
関連記事
2011/04/17 12:40|統計とコンストラクション・マネジメントTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/294-12e89dc7

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.