建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          坪単価          マンション          コストダウン    

 

今日は、ランチェスターの法則による
コンストラクション・マネジメントの2次メリットを
書いてみます。

1次メリットは、これまで散々、書いてきたコストダウンですが、
2次メリットはゼネコンが施工屋に監視されるプレッシャーかと思います。

普通、設計事務所さんに設計を依頼し、
ゼネコンを見積り請負契約をする場合、
設計事務所が設計監理と言って、
図面どおりに作っているか監理し、
それに加えて、確認申請機関の検査が入ります。

まあ、まともな設計事務所さんが監理していれば、
建物は問題なくできるのですが、
ゼネコンの所長さんに言わせると、
kkenji1まで定例に出てくるのは、
プレッシャーがかかると言われます。
(設計事務所が、まともじゃない場合はまともなゼネコンが施工してないと大変なことになりますが)

kkenji1としては、自分がゼネコンを選定した場合は、
責任を持って定例に参加し現場に見に行きます。

お施主様がゼネコンを特命で選定した場合は、
主導権がゼネコンにあるときが多く、
色々とやりにくい場合がありケースバイケースです。
(単なるお施主様からの紹介であれば全然問題ありません。)

まあ・・・レアケースの話は、おいておいて、
現場監督は、設計事務所に施工中の現場を見られるより
他社の施工屋に現場を見られるほうが、
プレッシャーが掛かるようです。

ゼネコンさんも何か悪いことをしている訳ではないのですが、
施工不良があった箇所をお施主様に近い施工屋に見られるのは
嫌なんでしょうね・・・

どうして、そうなったのか、どうすれば幾ら位かければ直るか
見ればわかりますし。

まして、大半の専門工事会社がkkenji1からの
紹介した会社を使っているので、
追加工事の原価も聞こうと思えば聞けますし、
変なことをしてたら専門工事会社から通報が入ります(笑)
(大体、追加払ってくれないという通報ですがw)

一方で、ゼネコンに設計も施工も全てお任せという
発注形態もあります。

ゼネコンさんは、設計を取ってしまえば、
コストで競争されることがないので、
設計施工で情報を抑えてしまう営業が、
営業さんの国士無双です。

一般の方で、ビルを建てれるぐらいだから、
自分は交渉が強いとお思いの方も居るかもしれませんが、
設計施工で受注した場合、ゼネコン側からみて
コストが厳しいことなんて99%ありえません。

年がら年中そんな営業をして駆け引きしているのに、
5億未満のマンションを設計施工で受注して赤字になるほど
ゼネコンは馬鹿ではありません。
こういった類の設計施工の現場は、ほぼ大黒字です。
(ゼネコンがそういう営業するのは当然かと思いますが。)

更に、コストで競争しないことに加えて、
他の設計事務所なり他の建築屋が物件に関わらなくなってしまいます。

設計施工でも、殆どのゼネコンさんは、真面目に対応していると思いますが、
ご相談いただく中では、無茶苦茶やられてトラブルになっているお施主様もいるのは確かです。

気持ちは建設業の印象が悪くなるので
同じようなトラブルに巻き込まれる方が
居なくなるよう何処と公表したいところですが、
流石にそれはできません。

このようなトラブルになった場合でも、
設計施工で発注している場合、
第三者は中々、中に割ってはいるのは難しいです。

ある一定規模のゼネコンであれば、
会社の看板を汚すという心理が働き、
ある程度まともな対応をしてくれますが、
そんなの関係ねーというスタンスの会社のほうがトラブルは多いですし、
アドバイス程度のことは言えても、
常識が通じない会社と関わると、
面倒な報復などに巻き込まれたくないという心理も働きます。

そういう時は、建設工事紛争審査会のような
公的な所に最後は駆け込んでください。

トラブルを少なくするには、
トラブルの芽を未然に摘む手立てが取りやすい、
最低でも信頼できる設計事務所と施工会社を別の会社にすることが
望ましいかと思います。

更に、CMをすると、コストダウンに加えて
やんややんや言う人も漏れなく付いてきます(笑)

1対1より1対2、1対3の方が圧倒的に被害が少なくなるのは、
上のモデルは規模の小さい局地戦などの場合で、規模が大きくなり戦略レベルになると、 第二法則となります。

A B
A ← B
A → B



A軍の一人は1/5の確率の攻撃を3人から受けています。
だから 1/5 × 3 = 3/5となります。
B軍の一人は1/3の確率の攻撃を5人から受けています。
だから 1/3 × 5 = 5/3となります。
分母を統一すると
A軍が受ける攻撃  9/15
B軍が受ける攻撃 25/15
となります。つまり攻撃量はA軍25 B軍9となります。

これを数式にすると以下の用になります。

A1×A1-A2×A2=E(B1×B1-B2×B2)

これも第一法則と同様にA軍がB軍を全滅させた時に残る兵力数に上の計算式を変形します。

Eを1として式から消して変形すると、

A2=√(A1×A1-B1×B1)

となります。

つまり5と3が戦えば、生存数は5×5-3×3=√16=4となるです。

第一法則では戦闘力は兵力数に比例していましたが、
第二法則では戦闘力は兵力数の二乗に比例します。

つまり第二法則では戦闘力は  質×量×量  です。で実証されています。
と、ちょっと知的なことを言ってみましたw

↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

神戸


土地活用事例2

土地活用事例1 


関連記事
2010/12/11 23:47|日記TB:0CM:2

コメント


ちょうど新築を考えていて引き込まれるように全部熟読しました。これは凄いですね。新築する時に本当に役立つ考え方が全て凝縮されている感じです。これを見てイメージが沸いた気がします。kkenji1様のお力を貸して下さい。
minoru #-|2010/12/12(日) 20:30 [ 編集 ]


minoru様
メールフォームからのお問い合わせ大変ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
kkenji1 #-|2010/12/18(土) 22:53 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/272-526e0473

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.