建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          コストダウン    

 

前回の記事で、現場盗撮に成功したことにより、
田代ま○しのように盗撮したくてウズウズして参りました(笑)

そして・・・
我慢できずに、ここに一枚の写真を激写して参りましたw

なんの写真でしょうか?
答えの知りたい人は、↓クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

IMG_0018.jpg

なんて言うのは冗談です(笑)

これは・・・kkenji1のアパートから徒歩7分程の所にある
現場監督1年生の時の現場(マンション)の今の写真です。

このマンションの近くに100円ショップとスーパーマーケットがあり、
買い物に行くと、
訳もわからず頑張っていた当時の事を走馬灯のように思い出します。

まず・・・

写真に写っている手前の間接照明。
kkenji1が施工図を書いて鉄筋を組みました(笑)

へんてこりんな形をして物凄くバランス悪いのに
今でもちゃんと自立していますw

そして、左の壁の鉄筋を組んだのもワタクシです。

さらに右の端に自転車置場があるのですが、
竣工引渡し前夜。
先輩と朝までホースとデッキブラシを持って床を磨き続けましたw

そして、当時と変わらずにある100円ショップで買い物をする。

この練馬の現場が終わった後、
愛知県小牧→愛知県刈谷→名古屋→岐阜→
大田区梅屋敷→台東区入谷→品川区西小山→入谷
現場毎に引越しを続け・・・

とうとう思い出の地を安住の地に選びました。

良き思い出があるからです。

たまの休日にすることがないとき、
他の現場も今どんな感じになっているか、
ぷらりと見に行ったりします。
(変な人じゃないので年1回あるかないかぐらいですが(笑))

話はちょっと飛びますが・・・

先日、このブログを復活させてから初めてお問い合わせを頂いて、
今年2月に竣工したお施主様からご連絡頂き、
ゼネコン担当者、管理会社さんと共に
慰労会のようなものを開いていただき、
行った事も無いような超高層タワーのレストランでディナーをご馳走になりました。

それはそれは楽しい晩餐でした。

なによりも良かったなと思ったのは、
お施主様が良き思い出を作って下さったことです。

ご自身が住まれる住まれないは別として、
お施主様が完成した建物に対して愛着を持てるようにすることが、
建設屋として最も求められることなのかもしれません。

一方で、とある全く関与してこなかった新築中物件の、お施主様から、
単純に今のゼネコンが言ってることが信用できないから、
客観的に本当のことが知りたい。
アドバイスが欲しいというお問い合わせを頂き
興味本位でおじゃましてきました。

納まり上の技術的なこともアドバイスをしてきましたが、
一番、大切なことは、
施工会社と喧嘩しても得なことは殆ど無いということです。

アフター等もそうですが、
最も大きく失うものは、お施主様ご自身の気分を害し
建物に愛着が沸きづらくなるということです。

勿論、言いたいことも、あるかもしれません。

でも、ある段階で、
ぐっと堪えて先を言わないのもカッコイイと思います。

ここで有名な一節を

故に上兵は謀を伐つ。其の次ぎは交を伐つ。
その次は兵を伐つ。その下は城を攻む。攻城の法は、已むを得ざるが為めなり。

最上の戦争は、敵の陰謀を(陰謀のうちに)破ることであり、その次は敵と敵の同盟国の外交関係を破ることである。その次が敵の軍を伐つことであり、最もまずいのは、敵の城を攻めることである。
敵城を攻めるのは、他策なくしてやむを得ず行うことである。
 城攻めは、多大の時間と労力を要する。櫓や四輪車を整え、攻め道具を準備するのに三ヶ月かかり、土塁の構築にさらに三ヶ月を要する。将軍がそれを待ち切れずに焦れ、怒気をおさえきれずに総攻撃をかけるということになってしまえば、兵の三分の一を戦死させても城は落ちないということにもなり、そうなると害は甚だしい。

 そのゆえに、戦上手は敵兵を屈服させてもそれと戦闘したわけではなく、敵の城を落としてもそれを攻めたのではなく、敵国を滅ぼしても長期戦によったのではない。必ず、無傷のままで獲得する方法で天下の勝利を争うのであって、したがって軍も疲弊しないで完全な利益が得られるのである。これが謀りごとで攻めるということの原理である。


建設において、敵の陰謀とは「リスクの芽」だと思います。
最もまずいのが、ゼネコンを感情的に攻撃することだと思います。

色んな、先輩・上司の下で働いてきましたが、
最も出来ると思った監督は、
リスクの芽を徹底的に摘みとれる方でした。

これは現場監督にも求められますが、
本当は、お施主様にも最も必要なことです。

だって最後に責任を負わざるを得ないのはお施主様ですから。
少なくとも関心は持つべきだと思います。

「リスクの芽」を摘む段階や、金額などで、
理論だって説得・交渉することは良いことだと思います。

そうは言ってもリスク・リスクと言いすぎると何にもできなくなりますので、
冷静に考えて、ここまでなら大丈夫の可能性が極めて高いというところで、
最後は直感に頼って豪快に決断を下すのが望ましいと思います。

そして、最後の手段で戦うことを否定はしませんが、
折角このブログをご覧になって頂けたのですから、
大切なものを失わないよう、お気をつけいただければ嬉しいです。

↓なんとなく解った方クリックして頂けたら嬉しいです(笑)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村



土地活用事例2

土地活用事例1





 
関連記事
2010/10/13 00:23|日記TB:0CM:4

コメント


自分の仕事・作品が残るというのは良いものですね。施主様のことを真剣にお考えになっているまじめな姿勢が伝わってきます^-^

応援ポチ
よしお #-|2010/10/16(土) 10:12 [ 編集 ]


よしおさん。
地図に残る仕事じゃyないですけど、
今はグーグルストリートビューで映ってたりするので面白いです(笑)
応援ポチありがとうございました。
kkenji1 #-|2010/10/20(水) 18:54 [ 編集 ]


先日はありがとうございました!!
今回の記事は理解出来たつもりですが、実際に建てたことが無い私の理解があっているかは自信が無いです・・・汗

いつも勉強になります!!
rem #-|2010/10/24(日) 23:04 [ 編集 ]


remさん
私も兵法の理解なんて合ってるかは自信がありません(笑)
この編は、逆算して負ける可能性の高い戦い。勝っても危なっかしい戦いはするなってことでしょうか。

一方で「勝つ可からざる者は守りなり、勝つ可きものは功なり」とも書いてます。
現代語訳では「不敗の態勢というものは防勢の中に存在し、勝利の可能性は攻勢の中から生じてくる。」
らしい。

最強の兵法書と言われるだけあり深いです。頭の片隅にw




kkenji1 #-|2010/10/25(月) 00:31 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/263-17eafa5b

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.