建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          コストダウン          鉄の骨    

 

猛烈な暑さの中、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ここまで書いてしまったので、「鉄の骨」第4話について書かないわけには行きません。
ちょっと前なので、暑さで殆ど忘れてしまいましたが、
談合仲間のあるゼネコンの役員が東京地検に追い詰められ
自殺してしまいました。。。

その役員さん、気が弱そうな設定だったのが
会社や建設業について考える一生懸命なサラリーマンでした。

自殺の直前、自分が始めて落札した橋が開通したとき
嬉しくて裸足で歩いたと言っていました。

建築屋としては、その気持ちはわかります。

自分が建てたんだという自負は
多分現場に関わる全員が持っていると思いますので。

ただ悲しいことに、談合で落札した為、
「家族にも言えなかった」
とのこと・・・

そのお葬式の翌日、小池鉄平の会社の常務が社内に
「次の物件はガチンコ勝負で絶対に落とす」
と宣言します。

まあ・・・元々、談合は良くはないことですしガチンコ勝負じゃないといけなかったのですが、
それは置いて置いて・・・

一般的な入札でゼネコンがガチンコ勝負で勝つには
原価を圧縮するしかありません。

第5話は下請けとの交渉が熾烈を極める風景が予想されます。
一般の方々からみると見てられない風景かもしれません。。。

CM屋から見ると、自社の下請けだけに交渉対象を絞ると単に
下請け苛めをすることになると思います。

つまり、下請けも安く材料や職人を調達できないところは
幾ら安くするように言っても出来ないものは出来ないのです。

例えば下請けからの職人等外注費や材料などの支払い金額が
1000万円のところAと、
1050万円のところBがあったとしたら、
Aは1100万円の見積もりを出せるかもしれないが
Bは1100万円だとキツイ・出来ないという事です。

CM方式は取引している専門工事会社とは金銭をやり取りすることもないですし、
専門工事会社は無理やりやらされるなんてことはありません。

交渉していく中で、声のトーンやこれまでの単価、
世間話などで相場がどっちに動いているか等、
何処までがラインか見極めたりはしますが、
無理そうなところを無理やり受注させるなんてこともないですし、
専門工事会社側も無理なら出来る金額を出せばいいだけのことです。

何のシガラミもないです。

コスト競争力があるから、その金額でも出来ちゃうし、
新規開拓というメリットというものを見込んでという思惑もあるでしょうけど、
やりたいから安い見積もりを出して受注していくのです。

CMをやって受注するゼネコンの担当者さんに驚かれるのが、
受注する専門工事会社は大きい専門工事会社の比率が多いことです。
ちょっとした地場ゼネコンより年商が大きいところも多々あります。

必ずしもそれが当てはまらない時もありますが、
職人が少しぐらい安くてもついて来くるぐらいのパワーがあったり、
社長に物凄い人望があったりと何かしら強みがあるのかもしれません。

今、東京での建築工事の公共事業入札ではゼネコン30?40社というケースもあるようです。
その首都圏で相見積もりや入札で最強に近いと目されている
ゼネコンさんもCM方式に参加されることもあります。

が・・・

そこからでもCMを本気でやれば10%以上は楽に落ちます(笑)

今、CMで受注を狙っている専門工事会社は元々の下請けが
元請ゼネコンから叩かれているという感覚・視点とは全然違うからです。

元々、コスト競争力があることが前提ですが、
とにかく、取引ゼネコンを増やしテリトリーを広げたいと考えるところは、
もぎ取るといった感覚で全力で倒しにきます。

専門工事会社が取引ゼネコンを増やすケースとして一般的なのは
?ゼネコンの倒産やリストラにより他社に散らばった現場監督と連絡を取って潜り込む
?お施主さんと、たまたま知り合いで施主紹介で潜り込む
?ジョイント・ベンチャー等で他社のゼネコン担当者と仲良くなって潜り込む
?親戚・友人がたまたま何処かのゼネコンに伝があった。
?飛び込み営業

???は日々の努力もあるのでしょうが、他力本願な部分も多いかと思います。
?は自力で出来ますけど、大概は門前払いになるかと思います。

一人で飛び込み営業を一ヶ月やり続けて、
図面貰えるのなんて数件・・・
受注に至るなんて滅多にありえないでしょう。

?のCM方式・・・

これは、図面や数量表は欲すればメールでただでもらえます。
会社概要がまともで、一回安い見積もりを出せば自力でもぎ取れます。

経費を考えれば一番効率的な新規開拓です。

営業しなくてもいいですし、新たなゼネコンからは真面目に仕事をすれば
下請けと新たに認められて、あれもこれも見積もってとお呼びが掛かるのです。

だからと言って全く持って安けりゃいいなんて思ってないですし、
次に繋げたいと思いが強いところが最後は強いんだと思います。

ゼネコンに取っても今の物件自体が減った中で勝ち抜くには
原価勝負になることは目に見えているので
「下請け開拓の良いチャンス」
と思って頂けるゼネコンさんも多くいらっしゃいます。

運が悪いと、もぎ取ったはいいが受注したゼネコンの元々下請けだったみたいなケースで
苦笑いということも結構ありますが。。。

kkenji1を新規のゼネコンを紹介してくれる飛び道具だと思っている
専門工事会社も多いと思いますし、それでこそ価値のあるものだと思います。

「となりの芝生は青く見える」
これが、コストダウンの肝なのかもしれません。

そんなこんなで第5話の予想もだいたい済んだところで、
お気軽にお問い合わせお待ちしております(笑)

↓我が家は猛暑だという方クリックお願いします(笑)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村




土地活用事例2

土地活用事例1 
関連記事
2010/07/27 23:12|日記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/246-166b06c7

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.