建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建物          診断          土地          有効活用    

 

建設費のコストダウンは
建設費のカラクリとコンストラクション・マネジメント
建設費コストダウンのテクニック
バリューエンジニリング(VE)とコストダウン
新築不動産投資理論は、
エクレアの皮物件
土地活用は、
土地活用
の記事を、是非ともご覧下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
昨日、とあるセミナーでお知り合いになった
建物赤外線診断の
アーキテックの金沢社長←クリックお願いします。
にご来社いただきました。

赤外線診断とは建物を特殊な装置で撮影すると、
漏水の原因・箇所やタイルの浮き等が、視覚化できる画期的な技術です。

例えば、写真のような建物を撮影すると・・・
PhotoBifoAfuta3.jpg

水分を含む箇所が冷たく青く映し出されます。
PhotoHouseDiagnosis.gif

この画像を元に、漏水箇所を突き止められます。

PhotoBifoAfuta2.gif
そして、これを手直しすると、均一な温度の画像になります。

漏水は、建築屋が目視で見ても
なかなか箇所や、原因が特定できません。

だって目視ですから・・・
建築屋だって特別な視力を持ってるわけじゃ有りませんし温度差なんて判る訳ありません。

しかし、外部から目視で見ても判らなくても現実的に水が入れば
木が腐ってきたり、
鉄筋が錆びてきたり、建物の寿命がどんどん短くなってしまいます。

表面材を剥がして内部を確認すると木が腐っていたなんて
テレビや雑誌でも良く聞く話ですよね

この技術を使えば一瞬で何処がどう悪いのか判ります。
早め早めに対応していけば、トータルでの直すコストも削減できるでしょうし、
建物を長く持たせることも可能になると思います。

又、中古物件を買うときも瑕疵が特定できたり、
色々と便利だと思います。

費用は木造の解析だと7万5千円
マンション等でも12万5千円程度とのことです。

思ったより、お手頃なお値段ですし、
漏水やタイルの剥離は日常生活に直接影響してくるので、
建物を長持ちさせる為には一度見てもらうのもいいかもしれません。

kkenji1も若かりし頃、とある県庁のタイルを屋上からのゴンドラに吊るされ、
指揮棒みたいなタイル検査用の棒を使って1枚づつ永遠と叩いて
剥がれているかどうか音を聞き分けていたことがありましが、内心
「どんだけローテクなんだよ・・・」
と思っていました。
こんな画期的な技術があれば無駄な時間を過ごさなくても一瞬でわかります。

ご興味あれば、↓のアーキテックさんの、
メールフォームから直接お問い合わせしてみて下さい。

kkenji1も何かあれば使ってみたいところです。
まずは、実家の調査からですかね(笑)

↓なにこれ、いいじゃんと思われた方、お気軽にクリックお願いします
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


土地活用事例2

土地活用事例1
関連記事
2009/12/19 06:22|リフォームTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/135-134cd09f

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.