建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       ボリュームチェック          土地          有効活用          土地活用    

 

この建設費ブログで前から使っていた言葉ですが、知らない方も多いかと思いますので、
ボリュームチェックについて書いてみようかと思います。
一般の方々には中々、馴染みのない言葉かもしれません。

普通、不動産仲介の方が物件情報を持ってくると
物件概要書に容積率という物が、書いてあります。
この容積率を目一杯、使い果たせる土地とそうじゃない土地があります。

まず、道路の幅により道路容積率というので、
いきなり建てられる容積率が減ってしまう事があったり、
斜線制限、日影規制、法律上の必要な採光等の法規制がかかってきて、
上の方の階が建てられない場合があります。

そこで、設計事務所がまず、その敷地に最大どれくらいの建物が建つかを
実際に図面を書いてチェックします。

設計事務所に、測量図と物件の住所(出来れば間違えのないように地図)を
渡して1戸当たりの面積のイメージを伝えてあげるとやってくれます。
設計事務所との仲の良さや、本当に買ってくれそうかどうかの雰囲気等によって、
1回、0円?10万円程度です。

基本的に、仕事の合間にやって下さるので、
時間は1週間程度は考えていた方がいいでしょう。

マンション系設計事務所で慣れている設計事務所だと速くて正確です。
景気のいい時のディベは土地の奪い合いをしていたので、
この設計事務所のボリュームチェックのスピードにより
土地を買えるか買えないかの違いが出てきました。
今は、滅多に土地を探しているディベが競合していることはないと思うので、
そこまで急がなくても良いかも知れませんが。。。

設計事務所も実際、図面を書いてみないと、
どれくらい建つかまでは勘程度でしか判りません。
日影規制や斜線で天空率を使う場合などホントに10cm単位の調整が続きます。

そしてボリュームチェックをした図面が出来たら、
「建設費はどれくらいか?」
「(面積に合わせた)賃料はどれくらいか?」
を検討し、事業収支を組み採算を検討して、
行けそうだったら金融機関に持ち込みます。

また、土地から開発する場合、
建物部分が賃料を稼ぎ出したり、分譲による利益を稼ぎ出すので、
maxで建物が建った方が有利です。

地価を上物の収益で薄めて、全体の収益を向上するイメージでしょうか?
賃貸経営をする場合のボリュームチェックは設計事務所に
「maxでお願いします。」
と言った方が良いかも知れません。

そういうことをやってくれる設計事務所がお知り合いにいない場合は、
首都圏であればkkenji1が10社以上のお付き合いしている中から、
エリアや規模に合わせてお気軽にご紹介差し上げます。

しかも、kkenji1の事業収支(普通に建設費を見積った場合の概算)とコメントまで付いてきます(笑)
何処よりも建設費を安くするコンストラクション・マネジメントをしたいので、
建ててくれた方が嬉しいですけど、
買わないほうが良いと思ったらその通り伝えますのでご安心下さい。
(物件概要を見た段階で、どう見ても高いとか無理そうだったら、その場でお伝えします。)

1度目で買えなくても、何回かやれば慣れてきます。

ちなみにボリュームチェックをゼネコンにお願いすると、
建設費を軽?くカモられる事、間違いないです。
何処からどう見てもカモネギです。

絶対に、設計と施工は分離しましょう。

無料ボリュームチェックサービスは株式会社土地活用までお気軽にお問い合わせください。

↓なんだか新築開発したくなってきたと思われた方は、クリックお願いします。
人気ブログランキングへ



土地活用事例2

土地活用事例1
2009/11/20 04:20|ボリュームチェックTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/121-06ee43fa

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.