建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          コストダウン          土地活用    

 

建設費ブログをご覧になって下さる方々から
単語が難しいという声が多数上がっているとのことなので、かなり反省しております。

建設業界にどっぷり浸かっていると、
当たり前と思っていた事が、一般の方々には意味不明なことなのかもしれません。。。

ここで、建設業界の実情を踏まえながら用語説明をところどころしてみようかと思います。

今回は、「設計事務所」です。
だれでも一度は耳にしたことはある、設計図を書くところです。
口の悪い現場監督には「確認申請屋」と言う方もいます。

主な業務は、基本的なプランを纏めること、確認申請を通す事、現場が始まったら監理をすることです。
確認申請とは、姉歯事件で民間の確認審査機関のイーホームズが有名になりましたが、
建てる前に、設計図を確認審査機関が法的に問題ないかチェックし
図面が合格すると確認済証というのが発行されます。
これを通すと設計事務所の気分は半分以上仕事終わったーと内心は思っています。
後は、現場が始まったら、現場に行ってまったりムードの中、監理業務をしていきます。

そして設計事務所には大きく分けて、
アトリエ系、組織系、ゼネコンの設計部、町の設計事務所さん等があると思います。

アトリエ系とは所長が建築家を名乗るデザイナーチックな設計事務所です。
有名な建築家さんから、自称建築家さんまで、デザイナーとしての
価値を高めようとする設計事務所です。

大学に入ると、設計の授業はアトリエ系の建築家が教授だったり講師として招かれ、
幅をきかせているので建築家嗜好の学生が一杯増えます。

所長+スタッフというところが多く、
スタッフさんは夜遅くまで、模型を作ったりしています。

スタッフさんの労働環境は最悪のようです。
時間は無制限はしょうがないとして、給料は最初は10万貰えれば・・・
というレベルのようです。
塾講師や家庭教師などバイトをしながらなら生活している方も結構いるようです。
実家が設計事務所とか裕福だとか、余程好きじゃないとやってられません。

所長の作品をスタッフが作る手伝いをするというイメージです。

設計に対するコダワリは尋常ではありませんが、
出来れば予算が無限大にある方が、
色んな事を試せると思っている方が多いように思います。
予算の都合から自分の思い通りに作れなかった物件は作品リストから削除することもあるようです。

ついでに施工屋泣かせの無茶な納まりを平気で書いてきます。
目立たないと有名になれませんから・・・特注の中の特注を選んだり平気で書いてきます。
建築家さんに作って貰いたいなら、本屋に
「新建築」という雑誌が置いてあるので、
そこでお気に入りの建築家さんを探してみては如何でしょう?

次に、「組織系」です。
代表的なのは、日建設計、日本設計、久米設計、松田平田設計・・・等などですが、
数名程度でも組織系というところもあります。
デザインに対するコダワリは、アトリエ系程強くはないと思われます。
センスは会社や担当者によると思いますが、コスト意識はアトリエ系よりは強い気がします。
基本的に奇抜な物を作って目立とうとかそういう考えはありません。
事務的に業務をこなすといったイメージでしょうか?
マンション専門、病院専門、工場専門・・・の設計事務所等も組織系に属すると思います。

アトリエ系と組織系の中間ぐらいのイメージの設計事務所も勿論あります。

次に、「ゼネコンの設計部」
設計施工でお任せと言われた時に、自社の設計部に図面を書かせるためにあります。
大手の中には、契約社員とかで外部から人を雇ったり、
図面作成を外注して社員は図面のチェックを主にしたりしているようです。
ゼネコン設計部を使うと施工の受注に有利になります。
ただ、この図面がいい加減だと、自社の現場監督にボロクソ言われます。

最後に、「街の設計事務所」
街に根ざして、地元の工事を設計される所です。
接したことが無いので、
詳しいことは良くわかりません。

設計事務所にも色んなタイプがあり、
全ての設計事務所が、それぞれ考え方や取り組み方が違うように思えます。

普通のイメージだと設計事務所はお堅いしっかりした所というイメージがあるようですが、
中には、とんでもなくグウタラ&適当で良く監理業務をやってるなという所もあります。

工期が遅れる等の大半の原因は、実はこういう設計事務所に当たって、
現場の段取りが思い通りに進まないからというケースがあるんじゃないですかね。。。

良?く考えて設計事務所選びをして下さい。
首都圏で見つけるのが大変でしたら、
物件に最適な設計事務所をご紹介いたします。
お気軽にメッセージお願いします。

↓へえーーーと思われた方は、クリックお願いします。
人気ブログランキングへ





土地活用事例2

土地活用事例1


関連記事
2009/11/12 13:57|用語集TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/116-82df18ce

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.