建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          コストダウン          土地活用    

 

建設費のコストダウンは
建設費のカラクリとコンストラクション・マネジメント
建設費コストダウンのテクニック
バリューエンジニリング(VE)とコストダウン
新築不動産投資理論は、
エクレアの皮物件
土地活用は、
土地活用
の記事を、是非ともご覧下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
人気ブログランキングへ
建設費コストダウンのテクニックの続きを書いていきます。

建築主が建設費をコストダウンする上で、
一番肝心なテクニックはコンストラクション・マネジメントを導入することです。

VE・CD等は普通に見積ってもゼネコンがある程度は、やってくれます。
これだけの為にコンサル会社を入れる意味は余り無いように思います。
(これだけのコンサル会社も一杯あるようですが・・・)

ただし、建築主が折角コンストラクション・マネジメントに興味を持ち導入しようと思っても、
上手く導入まで進まない場合があります。

例えば設計事務所や管理会社などが妨害・反対してくてるケースが考えられます。

何故なら彼らにとってはコンストラクション・マネジメントを導入し、
建設費をコストダウンすることに全くメリットがないと感じるからです。
少なくとも、彼らの収益になることはないでしょうし、
場合によっては、あてにしていたゼネコンからの紹介料が入らないということもあります。

設計事務所によっては、全くコンストラクション・マネジメントという存在を知らなかったり、
間違った理解から、
「自分はこれまでずっと、そんなやり方やったことないし、これでやって来た」
という偏った考えから拒絶する場合もあります。

大学でそんな単語の存在すら教わっていないし(アメリカにはこれだけの学科もあるらしいですが)、
建築関係者同士の情報交換で聞いたことがなかったりで、
「そんなことしなくても自分の知ってるゼネコンで安いところがある」
と言い出したりすることもあります。

その安いに根拠はあるのでしょうか?

設計事務所が安いところがあると言われるのであれば、
設計事務所の方でも見積って頂いても結構です。
kkenji1は根拠を持ってそれより10%以上安い、同格以上のゼネコンのお見積をお持ち致します。

そして一般の見積と同じように、民間(旧四会)連合協定 工事請負契約約款に則った、請負契約をゼネコンと結んでいただきます。

約款を一読して頂ければご理解頂ける様に、施工上の責任の所在は、明確です。
CM方式による見積・受注を否定するのであれば、
この方式で受注したゼネコンの施工能力の全てを否定することと同じです。

kkenji1も携帯電話が普及し始めた頃、
「そんなもの要らない。無くても生活できるし。」
と、言っておりました。

しかし、今は肌身離さず携帯が必要です。

余り好ましい事ではありませんが、kkenji1が小さい頃は派遣労働という
労働形態は余り耳にしませんでしたが、今はどうでしょう?

世の中は物凄いスピードで動いております。
10年前の常識は全く通用しなくっています。

建設業界でも時代の動きを敏感に察したゼネコンは、
コンストラクション・マネジメントによる受注、
新規の下請の開拓に理解を示し積極的に動いております。

ゼネコンは7年前と今では置かれている状況や、
下請(専門工事会社)に対する考え方も全く変わってきています。
逆に専門工事会社のゼネコンへの考え方・付き合い方も全然違ってきています。

今や、スーパーゼネコンでさえCM方式に参戦する時代です。

ここ数年で多くのゼネコンの受注方法の一つとしてスタンダードに限りなく近づきつつある
コンストラクション・マネジメント方式について
建築主が時代の変化を如何に察し、設計事務所を如何に巻き込むか?

経営者としての嗅覚が試されるていると思います。

建築が本業ではない建築主様は、設計事務所に意見を求めたくなるとは思いますが、
設計事務所がCM方式の存在自体を知らなかったり意味が正確に理解出来ていなければ、
意見を聞いても余り意味の無いことだと思います。

知らない物を聞かれても、「何とも答えようがない」から、
取りあえず安全側に言っておくというご経験は、建築主様にもあることでしょう。

請負契約を結ぶまでは費用は発生しませんので、
CM方式で見積って、設計事務所同席の上、
選定されたゼネコンと顔を合わせて、ゼネコンの自信と意気込みを良く聞き、
値段を比較しながら10年後の未来を良く考えてみて下さい。
設計事務所は、この状況まで来ると否定できる根拠は何も存在しなくなると思います。

そして、その時にこのブログのテーマである下記の
「誰の為に建築するか?」
を確認してみてください。

今、この記事を折角読んでいたのに・・・10年後に振り返って、
時代に乗り遅れたと思わないようになって頂ければ幸いです。

コストダウンの根拠の記事をお読みいただいた方、クリックお願いします。
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


土地活用事例2

土地活用事例1


建設費コストダウンのテクニック4
関連記事
2009/10/12 13:56|建設費コストダウンのテクニックTB:0CM:10

コメント


はじめまして。
じっくり読ませていただきましたが、とても勉強になりますし、こんなサービスがあるとは全く知りませんでした。ちょうど計画中の建物で高いのか安いのかを色々と調べていたところ偶然このブログに出くわしました。なかなか、ここまで書いてあるところはないと思います。
コスト削減は大家業で必修なので、書いてあるように本当に落ちるのであれば、お忙しい中申し訳ないですが詳しいお話をお聞きできればと思います。
taka #-|2009/10/13(火) 18:02 [ 編集 ]


この道23年の現場監督です。
表現が的をえてて面白かったので失礼。確かに、ここ数年下請けとベッタリという感じじゃなくなってきましたねー。今は何処も新規業者開拓しないと生き残れないでしょう。うちも、新規の下請紹介してもらったりで何とか予算に合わせてる感じです。現場としては、初めちょっと負担が増えるけど、会社の看板を汚す訳にもいかにんで、しょうがないといった感じです。。。古きよき時代もなつかしくはありますが、もう慣れてきましたし、意外とよその下請さんの方が対応良かったりすることもありますがねーv-91
また遊びに来ます。
通りすがりの #-|2009/10/13(火) 18:32 [ 編集 ]

taka様
お返事遅くなりました。ブログをご覧になっていただけて大変有難う御座います。
私は、建設関係者が色々な、しがらみから、
本心では思っていてもなかなか話せない裏話、本音の部分を少しでも建築主様達にお伝えできたらと思いこのブログを書いています。
このブログがtaka様のプロジェクトに何らかの形でお役に立てるのであれば、とても嬉しく、遣り甲斐を感じます。
ブログの記事だけでは、まだ半信半疑の部分があるかとは思いますが、都心部であれば99.99%コストダウンできる自信はございます。
是非とも一度ご説明に伺いたいのですが、ご連絡先がわからないので、お手数ですが左の列のメールフォームからご連絡くだされば有り難いです。お返事が遅れ大変失礼いたしました。どうぞ宜しくお願い致します。
kkenji1 #-|2009/10/14(水) 23:49 [ 編集 ]

通りすがりの現場監督様
はじめまして。コメントありがとうございます。
現場監督の方からそう言って頂けると嬉しいです。
現場の実態を知らない方にCMをご説明すると、今でも建設業は下請とベッタリしているようなイメージを持たれている方が意外と多いです。
昔は所長やると下請からバックがザクザク入って家が建つとか、下請からの接待攻勢みたいなバブリーな話があったという話は聞いたことはありますが、今は完全に「昔は良かったネタ」の世界ですからね。。。確かにまだベッタリのゼネコンもありますけど。。。
現場担当者からすれば、打ち合わせさえキッチリすれば前からの下請を採用しようが、新規の専門工事会社を採用しようが、現場に来る職人さんは、毎回違う顔ぶれだし何の問題もないんですけどね。逆にそれで出来ない監督はどんな下請使っても駄目だと思います。
ゼネコンさんも新規開拓に積極的な所は多いですし、専門工事会社も新規開拓に躍起になって飛び込みで現場事務所に営業きたりする今の時代の建設業の実態があまり知られてないのが現状のような気がします。このご時世にCMを行うことによってゼネコンさんや専門工事会社さんの新規開拓のお役にたててるのではないかと思います。何処かでお仕事が一緒にできたら嬉しいです。
また遊びに来て下さい。
kkenji1 #-|2009/10/15(木) 00:21 [ 編集 ]


いくらなんでも書きすぎ!建設業では書いてはいけないことがあることぐらいわきまえろ!!!
どこのゼネも少ない仕事を仲良く分け合ってうまいことやってるのに、こんな事まで書く必要がないだろが!
どんどん仕事が減ってるのに・・・
施主に悪知恵つけるとか勘弁してくれ
ふざけんな #-|2009/10/15(木) 10:59 [ 編集 ]


ふざけんな様
はじめまして。コメント有難うございます。
建設業では書いてはいけないことですか。
確かに私もこのブログのような内容のことを書いてあるホームページを見たことがございませんしタブーとされてきたような内容を書いているのかもしれません。

しかし、私はあえて書き続けさせて頂きます。

私は、施主の立場であれば知っておくべきだということを書くことによって、一般の方々の新築開発への疑念を少しでも取り払いたいと考えております。
建設業が再び活性化するには、建設業自らが体質を改めガラス張りになり、施主や施主予備軍の方々の新築開発への疑念を取り払わなくてはいけないといいうのが信念です。

建てたい方々が増えない事には、
このまま建設業全体がジリ貧になってしまいます。

折角コメントを頂いたのですから一度、こちらからご挨拶に伺って直接お話をお伺いしたいところですね。
長年、建設業で生きてこられた方でしょうし直ぐには相容れない部分もあるかもしれませんが、私自身、是非色々なゼネコンや専門工事会社の方々のご意見をお伺いしたいところですし。

お手数ですがメールフォームからご連絡先をお教え頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。
kkenji1 #-|2009/10/15(木) 11:38 [ 編集 ]


古い考えの人が必要以上に隠してきたから、
一般の方が建設業を疑った目で見るんですよ。
利益の金額全部見せたっていいぐらいです。
全然もうかってませんがね
通りすがりの #-|2009/10/17(土) 01:28 [ 編集 ]


通りすがり様
仰るとおり、隠すことなどないと思いますし、他の分野はどんどん変わって進化していくのに、
建設業だけ進化出来ないのであれば、取り残されてしまいます。
お施主様は他分野の進化したサービスを既に受けているわけですからね。
ゼネコンはそんなには儲かる商売ではないと思います。下請の中には今でも儲かっている方もいますけどね。。。
kkenji1 #-|2009/10/17(土) 13:07 [ 編集 ]


長いこと設計事務所を経営してますが、
CMは聞いたことはありましたが、詳しくは知りませんでした。

最近は知り合いの所長もかなり苦しいようで
下請で知ってる所あれば紹介して欲しいと言われた事有りますね…

設計事務所は実はコストに詳しくないと言われれば、その通りだと思います。今の時代、設計事務所としても必要な知識なので
又、勉強しにきます。
SSEO #-|2009/10/17(土) 16:16 [ 編集 ]


SSEO様

コメント有難うございます。
設計事務所の方々は、下請の入替えを含むCMについては
意見が真っ二つに別れるような気がします。
一方は、安くなるのはお施主様の為だと興味を持って受け入れる方々、
一方はプライドが高いのか現場を知らない為なのか真っ向から否定してくる方々・・・

現場所長を派遣の方がやってる現場が普通にある時代に、
下請が変わると、いいものが出来ないなんて、
いつの時代のお話ですか?と言いたくなる時もありますけど(笑)

プロの現場監督ならどんな下請使おうが、きちんと仕上げますし、
設計の方が幾ら否定しようが、
必ず近い将来そのような現場の監理をせざる得ない思いますので、
まずは仕組みを知っておくことは必修になるように思います。

何はともあれ、ご興味もって頂けて大変嬉しいです。
又、気軽にコメントお願いします。
kkenji1 #-|2009/10/17(土) 20:04 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkenji1.blog63.fc2.com/tb.php/107-c5a2fecd

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.