建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          土地活用    

 

今日は、日経平均が17,000を割り込みました。
世界経済・日本経済が相当、怪しげな感じになってきたと思います。

しかし、フォルクスワーゲンの騒ぎは、
そんなこと有り得るんだなと驚きました。

意図的に不正ソフトを組み込むとか、
普通の不具合系のリコールと違い悪意を感じますし、
トヨタと並ぶ規模の会社が、なんでそんなことをするんだろうと思います。

相当、悪質なので、
「今からフォルクスワーゲンの車を買う人って
どんな人なんだろう?社員しか買わないんじゃないの?」

と思うほどイメージが悪いので、
ドイツ国が支えるにしても、売上激減し、
大リストラするでしょうね。。。

サプライチェーンに加わっている下請企業も
戦々恐々としているでしょう。

金融は素人ながら、
ドイツ最大規模のドイツ銀行が、ギリシャの取引で、
怪しいという噂が元々ありましたから、
フォルクスワーゲンへの貸付金があって回収に失敗したら、
ダブルパンチで、とんでも無いことが
起こってしまうのではと恐怖心があります。

中国経済も、ほぼ詰んでるし、
アベノミクスで幾ら金融緩和しても、
予想外の刺客のドイツまで加わってきたら、
世界の荒波には勝てないでしょうね。

建設業においても、
先ほどボーリング屋(地盤調査屋)さんと話をしてましたが、
急に大型物件の動きが止まって暇なようで、
その方が同業他社に聞いても、
皆さん、そういうような動きだという事です。

分譲マンションディベも流石に最近のキナ臭さに、
警戒を強めているのでしょう。

分譲マンションの開発は、着工から完成して
エンドユーザーからの入金があるまで
タイムラグが1-2年近くあるので
経済情勢の変化に対応できないケースが多いし、
開発業者の経営者は、現役でリーマンショックを経験しているし、
普通に考えれば締めにかかるでしょう。

スーパーゼネコンに関しては、都内では、
大規模な再開発が数年前から決まっているのと、
八重洲辺りは、財閥オフィスの開発ラッシュですから、
暇になることは無いのでしょうけど、
中堅以下で、ディベの仕事もやらないと売上が確保できない所は、
半年もすれば計画が掃けるので、
売上を確保するのに苦心していくと思います。

今は、年商100億ぐらいのゼネコンでも、
5億以下、10億以下はやらないとか、我が儘を言っていますが、
物件が無くなると、上のゼネコンが
ゼネコンから見れば小規模な2億ぐらいの物件でも、食い荒らして行きますので、
年商20~50億ぐらいのゼネコンの受注が、
厳しくなっていくというパターンでしょう。

ちょっと前まで、公共事業の入札不調がニュースになってましたが、
億越えの手離れの良い改修工事ですら、
20社ぐらい手を上げていると聞きますし。

上場クラスの多くのゼネコンは、リーマンショック後は、
誰でも知ってるような大手ディベぐらいしか相手にはしていないとは
思うので取っぱぐれは少ないとは思いますが、
新興ディベ・売上500億未満のディベ案件を請けしまっている地場クラスは、
もう一度、経済ショックがあった時、無事に逃げ切れるのか、
戦々恐々としている所も多いと思います。

建設費に関しては、上がる材料は、消費税増税の再度の駆込み需要と、
オリンピック施設の基礎工事着工ぐらいで、
少ないでしょう。

流石に不況の中で、消費税増税は、
しないのだろうとタカを括ってはいますけど(笑)

新国立競技場に関しても、
ガンバ大阪の新スタジアムの
図面を取り寄せてるとかニュースになっていたので、
工場加工のPC造になるはずなので、
労務も左程、必要無くなりますし。

賃貸マンションを建てたい方にとっては、
チャンスが近づいてきているのかもしれません。

リーマンショック当時一番美味しい思いをしている方は、
この頃に、長期保有目的の賃貸マンションを建てた方ですからね。

リーマンショック時に職人数が減っているのと、
新ショックが起これば公共事業は流石に、出してくると思うので、
あそこまで下がることは無いとは思いますが。

当社も劇流の中で、先々を読んで、動いて行こうと思います。

それでは、まだ18席余裕が有りますので、
セミナー告知サイトは、↓です。

お気軽に、ご参加、シェア拡散頂ければ嬉しいです。








↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

Kマンション
jirei03_pics.jpg
2015/09/29 14:38|日記TB:0CM:0

       建設費          セミナー          土地活用    

 

10月3日の相続・土地活用セミナー
今、現在で、52名様の、ご参加表明を頂いております。

ビルの建替えシュミレーションという、
相当、難解なテーマに、これだけの、
ご参加者が、お越しいただけるのは、嬉しく感じます。

先日、講師の、税理士法人ISYパートナーズの五十嵐先生に、
打ち合わせで、お伺いしましたが、
シュミレーションの検証で、延べ60時間も費やされたと仰られていました。

元はと言えば、当社のシュミレーションソフトでの、
個人・法人の設定が、
予定していた相続税計算の物と変わったことや、
2年前の税制に対応していて、
取得税の計算が、最新の税制と、若干(数万円~数千円)狂っていた、
先生の検算と微妙に異なっていることが発覚した事が原因で、ありますが、
かなり複雑な計算を、膨大な時間を掛けて、こなして下さっているようで、
私が出題した、お題で、こんなことになろうとは申し訳なく思うとともに、
ここまで真剣に、キャッシュフローシュミレーションから、相続税計算、
長期に資産が増えて行った場合の煩雑なシュミレーションに対応して下さる先生は、
中々居ないでしょうし、こういう先生こそ、
不動産節税、相続税対策のコンサルティングを受けるに、
相応しいと思います。
(大局に影響は全くないですが、当社もこれを機に、ソフトを最新のものに買い替えます。)

一般法人の決算対応をしている税理士の先生では、
不動産経営に関わる税制・相続を中心とした資産税に対応しきれないというのは
周知のこととは思いますが、
文京区と言う、東京の中心地で、ISY相続・贈与税相談センターまでを開設し、
不動産税制や資産税の多数の取扱いを行ってきている先生で、
且つ、
真剣に物事に、取り組んで下さる、責任感の強さは、
必ず、相談を受けた方々の、それぞれの事情に併せた、
最適解を導いて下さると思います。

いい加減なコンサルを受けてしまうと、何千万、何億円も損してしまうのが、
税金というものでしょうし。

普段、お問い合わせ頂く、多くのお客様に、顧問の税理士の先生が先についていて、
後から、建設費を削減したいと、当社にお問い合わせ頂くケースも多く、
税金については、それぞれのお客様の税理士先生にお任せしており、
余り深く立ち入ることはしないですが、
絶対、不動産税制・資産税には詳しくないだろうという先生もいらっしゃいますし。

一般法人の経営者様から、ビル・自宅の建替え等の、お問い合わせを頂くことも多く、
普段の入出金・決算系の一般法人税務がメインで不動産税務は不慣れっぽい?の先生の場合も多々ありますが、
不動産経営税務に関しては、その部分だけでも、別法人でも作って、
エキスパートの先生に変えた方が良いんじゃないの?と思う時も有りますし。。。
(まあ、それぞれ事情はあるでしょうから、そんなことは言いませんけど(笑))

もちろん、本セミナーが終わった後でも、税制は毎年変わっていきますし、
都度、税理士の先生に、税制状況の確認を仰ぐのは、必要なこととは思いますが、
まだ、何十年かは、現役でやられる先生ですから、先々も安心です。

もし、自分が、相続されそうな、ビル、土地を持っていたら、
普通に思い浮かべるであろう、
今、売る、
相続後に慌てて売る、
相続税対策で有効な場合も多いと言われているマンションの建替えをする、
キャシュが溜まる、相続する、相続後に売る・・・

どれが得、何だか、全然解らないと言う中で、
数字を追って理解していく、
唯一無二のセミナーになると思います。

その時々の状況を追って、認識し、
その時々で、最適と思える判断をする、
それには、信頼できる専門家の意見を身の回りにパートナーとして
提携しておくことが必要でしょう。

それでは、まだ18席余裕が有りますので、
セミナー告知サイトは、↓です。

お気軽に、ご参加、シェア拡散頂ければ嬉しいです。








↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

Kマンション
jirei03_pics.jpg
2015/09/25 15:58|土地活用&新築不動産投資勉強会・セミナーTB:0CM:0

       建設費          土地活用          セミナー    

 



前回の記事に続き、
コンストラクション・マネジメントにより建設費を10~18%削減する株式会社土地活用
のイメージ動画ができました(笑)

動画全体の出来については、満足しております。

サービス導入の流れと、代表者(私)がどんな人か
イメージ出来ると思います。

まあ、全然、怖くは無いでしょうw

しかしですね。。。
もう、ちょっと、自分が痩せているかと思ってました。
後、肌荒れというかニキビが。

7月中旬に、7kgのダイエットに成功し
2kgのリバウンドをしただけなのに、
悔しいです。

前回の動画と併せて、ご覧ください。


もう少ししたら、トチノミクス、第3の矢の動画が放たれますので、
纏めて、当社のホームページにアップロードいたします。

株式会社土地活用が気になる。。。と言う方に、
10月3日に開催する、相続・土地活用セミナーのご案内
特設サイトは、こちらです!
下記のバナーをクリックして、是非ご参加いただければ嬉しいです。
↓特設サイトは画像をクリックお願いします。




↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

Kマンション
jirei03_pics.jpg
2015/09/11 17:26|株式・投資TB:0CM:0

       建設費          土地活用          セミナー    

 

株式会社土地活用の建設費削減手法であるコンストラクション・マネジメント
紹介する動画の第1位弾が出来ました!
まずは、下記動画を、ご覧ください。

当社が扱っているコンストラクション・マネジメントとは、何か?
どのようにマンション建設費削減するかを
端的に表したもので、2分間で
全てをお伝えできている物か解りませんが、
大体のイメージは、伝わるかと思います。

当社のHPや、
当ブログでは、文章で、
当社の、コンストラクション・マネジメントを細かく、
ご紹介をしていますが、
文章を読むのが苦手な方、又は、時間が無い方には、
大体のイメージが伝わるかと思います。

「当社」のというのは、世のコンストラクション・マネジメントを扱う会社の大半と
当社のサービスは、全く異なるものだからです。

簡単に言うと、世の多くのコンストラクション・マネジメント(CM)は、
建設をマネジメントするという意味合いです。

当然、ゼネコンも設計事務所も建設をマネジメントしていますので、
それをCMと呼ぶことは言語の意味としては正しいとは思います。

但し、当社のCM法式の根幹は、
事業主側の立場から
下請専門工事会社をゼネコンに紹介し、
下請への支払原価を圧縮することにより、
全体の工事費を抑える
という手法を取ります。


この手法を当社の年間取扱規模、
仕様レベルで扱っている会社は、ほぼ存在しないとは思います。


まずは、この動画を、ご覧になって頂き、
当社の行うコンストラクション・マネジメントを知って頂ければ嬉しいです。

勿論、このブログやホームページを熟読されている方も、
ご覧になって頂ければ、イメージがより増幅して下さると思います。

現在、並行して、更に、2本の動画を作成しており、
10月初旬までに、完成する予定です

最後の1本は、「覚悟の瞬間」という
スカパーの番組で、これから撮影に行きます。

物事を成し遂げる為に
自分を奮い立たせるものって
覚悟なんでしょう。

絶対に、「やってやる」という。

仕事に向き不向きとかは関係なく、
覚悟と道義を持って、やるか、やらないかだと思います。

私が、今の仕事を始めるに当たり、最初の覚悟は、
大学院での就職活動の時に、知った、コンストラクション・マネジメントの存在でした。

その時は、
「これからの、建主から建設業に求められるのは、この方法しかない!
このコンストラクション・マネジメント、建設費を極めてやる。」

と思いました。

それからコンストラクション・マネジメント扱う会社に就職し、
丁稚奉公として派遣の現場監督になっている間は
「俺がコンストラクション・マネジメント建設業を変えてやる」
と、毎日毎日、呟いていました。

頭おかしいですね(笑)

それから、会社に戻り、現場所長を経験しましたが、
薄給や、劣悪な待遇に嫌気がさし、当時、
ミニファンドバブルに踊っていた輝かしく見えた
不動産業のディベロッパーに転職しました。

そして、直ぐにリーマンショックが来て、開発の業務が無くなり、
朝から晩まで、売れない分譲マンションのポスティングをしている時に
2度目の覚悟の瞬間です。

建築学科の大学院まで出させて貰って、現場所長の経験までして、
「自分は何を、やっているんだ。」
「毎日、自分が建設業を変えてやると呟いていた20代は無駄だったのか?」
「自分の人生が選択が正しかったことを、コンストラクション・マネジメントで証明してみせる。」


リーマンショックの寒風が吹きすさむ2009年春、
今から思えば、かなり無謀とも思えますが、会社を辞めて、
自分でコンストラクション・マネジメントを始めると
覚悟を決めました。

当時、結婚していなかったのが幸いでした(笑)
(お蔭で、こんな歳まで独身になるとも思いませんでしたw)

上司に、退職の下話をした時、
「営業したことの無い、お前に無理」
と、かなり真っ当な事を言われましたが、
まがりになりに、それから6年半以上経過した今は、
事務所を構えて、年間、建設費にして20億円もの
お仕事を頂けるようになりました。

私の勝ちですね(笑)

まだまだ、コンストラクション・マネジメントを極めたとは思っていませんし、
やりたいことも、どんどん出てきて、夢の途中ではありますが、
少しづつ、自分の思い描いて来た、
コンストラクション・マネジメントをより多くの方に知って頂くことが
実現できてくるような気がします。


これから完成する2本の動画に関しては、
私が喋っている姿や、お客様の声等をご覧になって頂き、
人柄や、何故、会社を起こし今の業務をやるようになったのか等、
ご覧になって頂けると思います。

お客様に問い合わせを頂き、初対面すると、
稀に、建設業だから、怖い人と勘違いをされる方もいるので(笑)

この3本の動画が完成次第、ホームページを増築しながら、
公開していければと思います。
(HPは、ちょこちょこ、改築するとお金が掛かるんです(汗))

ということで、ご興味を持たれましたら、
03-5944-1710または、info@kabu-tochikatsuyo.comまで
お気軽に、お問い合わせ頂ければ嬉しいです(笑)

また、一人でお問い合わせするのが怖い、
様子見をしたいという方は、
10月3日に相続・土地活用セミナーが、ありますので、
下記のバナーをクリックして、是非ご参加いただければ嬉しいです。
↓特設サイトは画像をクリックお願いします。




もちろん、お問い合わせを頂ければ嬉しいですし、
誠意を持ってご対応しますが、
私自身が、そんなガツガツ営業をかけるような人では無いし、
テレアポやら飛込みのローラー作戦で、
営業を掛けるような会社でもないのは、
解って頂けるとは思います。

ただ、私が、覚悟を決め人生を掛けて、
やってきた素晴らしい仕事を、
より多くの知って頂きたい。


その、一心です。
(私が素晴らしい人であるかどうかは別問題です(笑))

お会いできることを楽しみにしています。

↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

Kマンション
jirei03_pics.jpg
2015/09/01 15:27|株式・投資TB:0CM:0

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.