建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

 

 

既に、お気付きの方も居るかもしれませんが、弊社、
㈱土地活用のホームページをリニューアルしました!

スクロールされていく、竣工写真を眺めていくと、
走馬灯のように、当時の様々な情景が思い浮かびます。

静かな日曜日の早朝。
明日は久しぶりの全休日なので、少し夜更かしをして色々なことを考えます。

私のノートパソコンのデスクトップには、創業時に買ったころに記した文字が有ります。
「情熱を持って仕事をしよう
いつまでも、初心を忘れるな!」
無題

猛烈な忙しさで、業務をこなしていく中で、
立ち止まって考える必要があるのかなと思います。

何の為に、自分は、今の仕事を始め、
何処に向かおうとしているのか。

私が、高校生で建築学科に進もうと何となく思った頃、
飲み会(笑)で、同級生との他愛もない会話までさかのぼります。

同級生「親父が建設業だけど、建設業には薄汚いことが一杯ある」
私「ふーん。。。(内心:薄汚いことはやりたくない)」

薄汚いことというものと、最もかけ離れていると思われる
施主の立場から、建設を考えるCMという仕事を選んだのは、この会話が発端なのだと思います。
(※消して商取引上の立場を利用した施工業者への不平等な押し付けを認めている訳でありません)

蝶の羽ばたきが世界を変える。
バタフライ効果というものがあるのであれば、
この他愛もない会話が無ければ、
このブログも、ホームページの物件も、存在しなかったのかもしれません。

なんてロマンチックなのでしょう。
私が、今より15kgも軽かったころの話です(笑)

それから、時が流れ、現場監督になり、ディベロッパーに行き、
今のCMの仕事として建設業に戻って来たとき、
最初に、受注させて頂いた物件で、
「お客様に、非常に感謝をされたこと」
が、快感になって今でも続けられているのだと思います。

生活的にギリギリの状態で、幸運により、
やっと受注させていただいた、一つの物件に、情熱を注ぎこんでいた6年前。

あの頃の情熱の注ぎ込み方を、どれだけ物件数が増えても、
やり続けなければならないといけないと
改めて思います。

そして、3年前に、個人事業主(暗黒期)から法人化したときの記事
改めて見直してみました。

ニックさんの強さ・言葉に胸が熱くなります。


まだまだ、こんなところで、終わるつもりはありません。

弊社の考え方・取組・価値を理解できる方の為に、
理解できる方を1人でも増えて頂くために、
今やれることは、全てやって、精一杯生き抜きたいと思います。

それでは、次回の5月30日(土)開催の地主様必見!「究極の土地活用セミナー」の、ご案内です。

↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

Kマンション

2015/04/19 05:02|土地活用TB:0CM:0

       土地活用          建設費          セミナー    

 

昨日、HEAD研究会という
学生と不動産系・建築系の団体で
不動産管理系のパネルディスカッションが開催されていたので、
見に行ってきました。

そこで色々な工夫や思いがあって、
頑張られている管理会社もあるのだということを改めて知りました。

私の不動産管理会社のイメージは、
気分を害される方も居るかもしれませんが、
既に、先代・先々代からの何十年来の地主様のマンション・アパートの物件を
家賃の5%程度を安定収入として頂きながら
管理をしている会社という感じでした。

顧客である大家様も高齢で、情報収集能力に疎い方も多く、
何十年来の付き合いだからという感じで、
近代的ではない街の不動産屋さんに管理をお願いしているケースも多いかと思います。

先日、当社の宣伝も兼ねて
竣工間際の物件の賃貸募集のチラシを持って
上野‐秋葉原間の不動産会社を飛込みで回ってみましたが
綺麗で生きの良い客付系会社と、
昔、受注した管理棟数が一杯あるからやっていけているんだろうなという
手書きのチラシがガラスに貼ってあるような昔ながらの不動産屋・・・
みたいな会社さんと対応も様々でしたので
管理会社について思うところも有り刺激を受けました。
(自ら歩いて、自分の目で見てみる事も大切な事です。)

ディスカッションで言われていた事は、
これまでの管理業に関する違和感。
不動産管理は2極化、不動産物件も2極~4極化、
大家さんも2極化に向かうということです。

知恵を振り絞って工夫をし、
最先端の考え方、サービス、ネットインフラを駆使して、
勝ち組になる大家さん、ブランディング化されて必要とされる管理会社と、
ただ生まれながらに土地があっても淘汰される大家さん、
時代に取り残されていく管理会社。

20年前は、手書きで図面を書き、チラシに貼ったり、
賃貸雑誌に掲載して、そこからの反響主体でやるのが当たり前だったそうです。

それが、ネットが出てきて、今や部屋内の写真を掲載するのも当たり前ですし、
部屋内の写真が入居者の判断基準になったことから、
アクセントクロスや、デザイナー高級賃貸を志向するマンションも
普通になってきています。

建設業において、私は、最も違和感を感じている部類だと思いますが、
不動産管理業においても、世代が変わっていくにつれて、
違和感を持つ2代目・3代目、
新たに創業した管理会社が多少なりとも増えていることは
新鮮さを感じました。

これからは、柔軟な思考を持ち、行動力があり、
新らなことに挑戦をし続けられる、大家さん、企業が、
市場を制圧し、
親から与えられた顧客・立場・地位・土地にあぐらをかいている方は、
淘汰されていくことになるでしょう。

エンドユーザーである入居者は、あらゆるネット媒体から
入居したい部屋を探しに探して、部屋を選んで問い合わせがくるのですから、
供給する側は、それに耐えうる、新たな生活、
サービスを提示できることは必修になることでしょう。


そして、新たなサービスを積極的に取り入れようとしている方々は、
「ご自身が楽しんで」「ワクワクしながら」
仕事をされているのだということをが解りました。

自らの建てたい、かっこいい最強マンションをローコストで建てるということは、
物凄い楽しくワクワクすることなのですが、
大きな借金をすることにストレスを感じるかたも
いらっしゃるようです。

地主様が新築マンションを建てる時、
どうしても相続という問題が絡んできて、
子供世代は、相続税が削減でき収入も増えるからマンションを建てたいが、
親世代は、
「借金したくないから建てたいなら俺が死んでから建ててくれ」
「引越しするのがめんどくさい」
「不動産会社に勧められるから話は聞いたが、借金してまで建てたいと思わない」

等と、仰られ幾らシュミレーション上、莫大な利益を生み出す計画であっても、
事業計画が、とん挫する事も多々あります。

7-90歳になって、気力・体力が落ち、そういう気持ちになられることも
解らないこともなく、
一介の建設コンサルである私にはどうしょうもないことなので、
無理に建てて頂くこともないのですが、
相続と言う観点からみると、実に勿体ないとは思いますが、
何より、建てる事、自分の土地に自分が生きている間に、
新築マンションを建築し、土地に新たな命を与えられることに、
ワクワク感が持つこと、見せることが出来なかったことに、
根本的な原因があるのかなと気が付きました。

当社も、いつかは自分の最強の賃貸マンションを建設したいと思ってはいますが、
ようやく3期目が終わるところですので、
まだまだ金融機関に門前払いになるでしょう。。。

世の中の99%が、自分にもマンション建てて家賃収入が勝手に入ってくる土地があったら
人生楽しかっただろうに・・・と思える人ですし、
努力に努力を重ねて何の信用も無い個人事業主から6年続け、
会社としても3年間、計10,000㎡近くのマンション建設を扱うプロとして
お客様のコスト・マネジメントをしていても、
最低後2-3年は建てられない私の様な人も居るのです。

当社の建設コスト・収支シュミレーションは、
何処よりも秀逸だとは思いますが、収支における金額ではなく、
目の前に土地があり、銀行融資も余裕で借りられる方に対して、
「自分のマンションを建てられる楽しさ」
というのは、
「良い土地を持つ、特別な方しか体験できない」
という事を、もっと、もっと伝えていくことが、
お客様の親子間、子供の相続対策に対して、幸せになること。
また、工事に関わる皆が楽しく、
マンション竣工を迎えられることになるのだと思います。

↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

Kマンション
2015/04/10 13:49|土地活用TB:0CM:0

       建設費    

 

貸ビル・不動産業界の超老舗新聞の週刊ビル経営様に、
建設費削減サービスとして、株式会社土地活用が紹介されました!
Folder(2015-4-2)0001.jpg
↑画像クリック頂くと、綺麗に読めます!

何と2ページ目のトップ記事です!

これまで、大家さん雑誌に、問い合わせが一杯来るから、
広告2ページ170万円で出しませんか?
等の、依頼は有りお断りしていましたが、
50000部も発行している、
週刊ビル経営さんのような老舗中の老舗の新聞に、
無料で当社の建設費サービスを取材を頂くなど嬉しい事この上無いです。

個人で始めてから6年が過ぎ、
年間20億円の真のコンストラクション・マネジメントを扱わせていただき、
ようやく、真のジャーナリストから取材を頂けたかと思うと
感慨深いものが有ります。

建設費削減の株式会社土地活用を
今後とも宜しくお願い致します。

それでは、次回の4月25日(土)開催の地主様必見!「究極の土地活用セミナー」の、ご案内です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
過去、9回開催し、有力不動産会社様等、プロのお客様にも大絶賛だった
㈱土地活用 本社での「地主様必見!究極の土地活用セミナー」の開催予定は、下記のとおりです。
【開催日程】
平成27年4月25日(土)13:30~15:30(受付13:00~)
【場所】板橋区板橋1-48-4ウッドリバー2F-B株式会社土地活用本社
【最寄駅】都営三田線「新板橋駅」徒歩1分
     JR埼京線「板橋駅」徒歩3分
     東武東上線「下板橋駅」徒歩7分
【費用】
無料
【内容】
CM方式での建設費をコストダウンする仕組みのご説明
・地主様の土地活用の長期キャッシュフロー(CF)シュミレーション
・最新の建設費(業)動向
・質疑応答
【定員】
8名(8名を越えましたら、次回(未定)開催に、ご参加ください。)
【申し込み方法】
info@kabu-tochikatsuyo.com
まで、氏名・連絡先を書いて、
メールを頂けますようお願い致します。
001.jpg

CM方式では、何故、入札1位のゼネコン金額から建設費が10%~18%削減でき、
どのようにコストダウン交渉を行って、どのような理由で下がっていくのか、
正しく理解を頂けるような、ご説明をまずいたします。

長期CFシュミレーションについては、
ランド・プランニング・スタジオのシュミレーションソフトを使い、
架空の土地に、地主様が、マンションを建てると、
幾らの年間収入が有り、
35年間に渡っての累積収入が、
どれくらいの額になるのかということを、
プラン・現状の建設費・賃料と共に、グラフと表で、お見せしたいと思います。

土地活用に関わりのある不動産会社様や税理士様、設計事務所様も
今後、絶対に必要な知識ですので、
お気軽にご参加いただければ嬉しいです。

↑画質は、歯車マークをクリックして1080Pでご覧ください。

↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

Kマンション
2015/04/02 13:13|株式・投資TB:0CM:0

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.