建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          土地活用          コストダウン          セミナー    

 

10月26日に前回の記事を書いてから約3週間の間に、
世の中の状況が激動しております。

建設費を扱う者として、世の中の状況は敏感に察知しなくてはなりません。

まずは、10月末に日銀バズーカ2
更なる金融緩和により一気に円安が加速しました。

そして、先週の消費税増税延期のニュース

本日、GDP速報の衝撃の2期連続のマイナス成長。。。

まず、金融緩和については、行き場のない資金が、
株高には向かうかと思いましたが、少なくとも国内資金は、
更なる不動産への投資には向かわないでしょう。

不動産については、もう既に限界価格まで上がりきっているのと、
賃貸経営への融資の基準は緩くなっている訳では無いので、
銀行内に資金が滞留するだけで、不動産市場には出回らない。

あるゼネコンの経営者と話をしていましたが、
「建てたいという話は一杯あるが、銀行融資が固いから、
結局、予算が抑えられてしまう。
土地が有っても、公共事業で下請単価が暴騰しているので、
自己資金があるお客さんからしか受注できない。
結局、融資枠が渋くて建てられないお客さんが多過ぎる。」
という感じの変な状況です。

バブル崩壊やリーマンショックの経験から金融機関は固くなっていますので、
日銀が思うほど、効果は薄いのではないかと思います。

消費税増税延期は、99%無理だと諦めていましたが、
神風です。

まあ、8%でも、十分な重税感はありますけど。。。
それよりは、マダましという
トリックみたいなものでしょうか。

そして、今回のGDPの民間予測を大きく裏切る、
年率換算マイナス1.6%

午前中から、株価の暴落しております。
日銀バズーカ2が霞むほどに。

建設業内外での中小企業の経営者の話を聞く限りでは、
景気悪化しているという話は、最近ちらほら聞いていたので、
ある意味納得ではありますが、
ニュースでは、
「住宅投資が大きく足を引っ張っている」
ということでした。

鉄筋コンクリート系も不調ではありますが、
特に、木造戸建てが着工数では▲だらけなので
それがそのままGDPにまで直撃した結果ではないでしょうか。

今日と言う日は、日本経済の「気」と言う部分での
転換点ではないでしょうか。

「気」が悪化すると、全てが逆回転し始めますから。

そんな中、建設業に纏わる非常に大きなニュースが、
小さく報じられております。
本田内閣官房参与 公共事業は効果が無い発言はこちら

安倍内閣のブレーンである内閣官房参与の本田悦朗氏ですら、
公共事業の効果が薄いと見ているようです。

このブログでも何度も取り上げておりますが、
建設業労働者の受け皿(パイ)は決まっているので、
公共事業を増やしたところで、民間需要が減るだけの民需圧迫だということが
ようやく認識されてきたようで、
経済学者の中にも、クラウディングアウトや、
消費に回さないので乗数効果が薄い等を論じる方々がチラホラ出現してきました。
(このブログ読んで書いてるんじゃないの?と、似た論調も多いですけど(笑))

今度の無理やり解散選挙では、対抗馬がいないので、
自民が勝つことになるとは思いますが、
公共事業政策をどのように公約として扱うのか注目するべきところです。

アベノミクス第二の矢の中心であった国土強靭化の比重が下がり、
他業種への予算配分、低所得者や軍備への予算配分へと切り替わっていくのかどうか
大注目です。

第二の矢中国の軍事的脅威は免れようがないところなので、
日本の経済活動を長期的に保全する為には、
戦闘機f3の早期開発に大幅に予算を配分するのが正しいとは思いますが。

このような社会状況の中で、建設費はどうなっていくのか?

これまでの記事でも書いてきたように、
建設費のピークは、公共事業増に加え、消費税駆込み需要の影響で
一気に職人不足に陥った、この2014夏がピークであることは間違い無いでしょう。

このGDP速報を見て、馬鹿じゃないディベは
高騰している建設費・地価に加えて、完成する頃には長期的な景気低迷により、
全くマンションを建てても売れない状況を睨んで、
確実に、開発を控えて来るでしょう。

若干遅れて単価は2013年春ベースぐらいまでの、
あるところまで下がって行き、
ある程度こなれた所で、ディベがまた建て始めるという感じでしょうか。

2009-10年ベースまでは、建設労働者のパイが大幅に縮小している為、
中国が崩壊し、中国人建設労働者が雪崩こまない限り、下がることは有り得ないでしょうけど。

中国不動産関係のニュース記事を読む限り中国国内では日本でのリーマンショック級の修羅場に向かって
日に日に、崩壊状況は悪くなっていっているようにも感じますが、
これが確実に不良債権となり、金融破綻まで蝕んでいくことは、そう遠い日ではないでしょう。

当社のメインのお客様である地主様・投資家様に取っては、
年末までの日本の方針決定は、目を皿のように注視すべきだと思います。



↑画質は、歯車マークをクリックして1080Pでご覧ください。

↓応援クリック頂けたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ

Kマンション

2014/11/17 12:58|株式・投資TB:0CM:2

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.