建設費コストダウン・土地活用、最強の指南書!!!マンション建設費は、CM方式で合理的に10~18%削減できます!

建設費 

建設費コストダウンは、株式会社土地活用
CM方式により、ゼネコン1位から同一図面で
10〜18%の建設費を削減します。
03-5944-1710
メール問い合わせフォームは、こちら
お気軽にお問い合わせください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
土地活用の成否は建設費で決まります。
建設費は、下請紹介型・ゼネコン活用型のCM方式を活用することで、建設費は合理的に
同一品質・仕様で10~18%削減することが可能です。
建設費は、ゼネコンから下請への外注費が80%以上を占めています。
一般的に外注費は、施主様・設計事務所が査定することが不可能です。
その外注費について、施主側の立場からCM会社が、「ゼネコンより安く」優良な下請会社を調達し、ゼネコンに紹介し、新たな下請として組み込みんで工事をするという手法です。
ゼネコンからの建設費の80%以上を占める外注費は圧縮され、結果として、建設費総額の10~18%の削減が可能となります。

建設業が、お施主様のために生きることにより建設業が活性化することを願います。 建設費⇔土地活用・新築不動産投資⇔建設費

建設費削減サービス内容 

土地活用、土地売買による新築不動産投資について、
コンストラクション・マネジメント(CM)方式を駆使した「建設費のコストダウン」を中心に様々なご提案をさせて頂きます。

専門工事会社の入れ替え等の建設費交渉により、
ご紹介したゼネコン・工務店と請負契約を結んで頂きます。
建設費交渉によるコストダウン額の中から業務報酬を頂いております。コスト削減率の記事を、ご覧いただければと思います。

相談料・企画料は一切無料です。
VE提案(仕様変更)による建設費減額についてはサービスで行い一切報酬を頂いておりません。

30社以上の提携ゼネコン・工務店から最適な総合建設会社をコンストラクション・マネジメントにより、ご紹介差し上げます。
土地活用 代表取締役である越川健治のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。

株式会社土地活用HP 

〈br〉

㈱土地活用 代表者プロフィール 



【氏名】越川健治
【生年月日】昭和52年5月19日
【出身】千葉県木更津市
【経歴】
千葉県立木更津高等学校
→ 東京理科大学理工学部建築学科
→東京理科大学理工学研究科建築学専攻、独立行政法人建築研究所非常勤職員(データ解析)
→コンサル系ゼネコンに入社
→入社したと思ったら1部上場ゼネコン3社に派遣に出されること2年半
→ボロボロになりながら、なんとか入社した会社に帰社
→投資用マンションの現場監督
→所長
→マンションディベ仕入・開発に転職
→リーマンショック
→個人事業主として3年間、建設費削減を伴うコンストラクション・マネジメント業務をする。
→2012年7月
株式会社土地活用 設立 代表取締役
【2016年】 


年間取扱建設費 25億円超(コストダウン前)
【特技】下請業者と仲良くなる。
【趣味】サッカー観戦・カメラ・収支シュミレーション・カラオケ・楽しいお酒
【好きな言葉】蝶の羽ばたきが世界を変える
【好きなギャンブル】人生を掛ける事。
【長所】フットワークが軽い・粘り強い。仕事熱心。
土地活用様_0017-2
新築不動産投資勉強会開催中!
累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

Kenji Koshikawa

バナーを作成 株式会社土地活用

Facebookページも宣伝

株式会社土地活用 代表取締役 越川健治

Author:株式会社土地活用 代表取締役 越川健治
コンストラクション・マネジメントにより建設費を削減いたします。土地活用・新築不動産投資等お気軽にご相談ください。

検索フォーム 

       建設費          土地活用          マンション    

 

ついに東京も梅雨が明け真夏の太陽が
ギラギラと照り付けています。

弊社の方は、ようやく平成27年3月末まで竣工の全て物件が
コンストラクション・マネジメント方式により
10%から18%のコストダウンをして請負契約完了&着工し、
久々の穏やかな日曜日を過ごしております。

マンション建設費にして20億円の営業企画から竣工まで、
コスト・マネジメント&見積&現場打ち合わせ出席&トータルプロデュースしていると
化け物扱いして来られる方も居ますが、
やっている本人からすれば、まだまだ行けるし、
こんなところで終わってたまるかとは思っています。

現在工事中の現場達の写真は、
多少時期のづれはありますが、こんな感じ^^
完成が待ち遠しいです。
IMG_1093_20140728105907076.jpg
IMG_0876_20140728105909426.jpg
IMG_9058_2014072810591000c.jpg
IMG_5299.jpg
IMG_1143_2014072810591267e.jpg
IMG_0957.jpg
IMG_1678_20140728110002d26.jpg

年商20億の施工会社(弊社は施工会社ではありません)といえば、
地元では有力な、名士的(ライオンズクラブでチヤホヤされてそうなレベル)な、
元請会社(大体2-30人)の規模ではあります。

私の見た目と、笑いを取ろうとする性格上、誰も、そんな扱いはしませんけど(笑)

一方で大人数の建設のケの字も知らない営業部隊を持つ、
ハウスメーカーや土地活用系のボッタくり営業会社を
片っ端から倒していくことが楽しくてしょうがありません(笑)

だって馬鹿みたいに高すぎるし、簡単に倒せるんですもの。

彼らの提案しているものは、当社が、CM方式で、
10%~18%建設費を削減しているというものの、
元の価格の基準値にすらなり得ない、酷いものです。


だから、彼らの工事中の現場の前を通ると非常に残念な気持ちになりますし、
もっともっと、株式会社土地活用の知名度を上げる活動をしなければと思います。

仕事というより、半分以上、それが楽しいからやっているという、
ある意味幸せな社会人生活をしているのかもしれません。
建物を建てるのも大好きですし♪

お客様に、お問い合わせ頂いて、新規で営業に行くと、
大概、上記のような会社の営業活動を受けているのですが、
地主様が弊社のCM方式に気付いてしまったら、
もう最後、全然次元の違う提案をして、
受注させていただいております。

世の中には、なんで、あんな無駄で無能な提案をしている会社でも
発注している地主様が沢山いるのか
不思議でなりません。

きっと日本人の押しに弱い、曖昧さを良しとする気質があるから、
成り立っているのでしょう。

営業にガンガン行けば、ホイホイ印鑑を押してしまうという。

契約取れない奴はゴミだと言われながら軍隊のように、
上司に怒鳴られて、ガンガン飛び込み営業やテレアポしてという
日本人式営業。。。

お人よし過ぎる、情報収集力のない、ご年配者に付け込んで、
売っているものなんて何でもいいから100円のものを1000円で売ることを
良しとするような営業は好きではありませんし
私には出来ないでしょう。

当社も、若気の至りで、ある土地活用系の比較サイトに広告を出していますが
そのサイトの人に、まず、資料請求メールが来たら、
まず「ガンガン電話営業してください」と言われています(苦笑)が、
草食系営業マンであり、営業会社の彼らほど暇人でもない私としては
全くスタイルが合いません(^^;

私も社長ですから、沢山の色んな商品の営業をうけますが、
グイグイ営業うけるの大嫌いなんです。

売っているものが圧倒的に良いから、
依頼が来るというスタイル・商品を、強固にしていく、
そして、認知度を上げていくのが、私の仕事なのだと思います。

ある、お施主様が仰っていたのですが、
「30代を我武者羅に働いた結果が、40代や50代になった時に、
人として大きな差となってくる」
そうです。

人に決められたレールや、誰かが歩いた後の、同じ道を歩くつもりはありません。
多少の不安もありますが、ずっとそうしてきたし、その方が、楽しいですから。

ということで、日曜日の今日も、先ほど「暇だから飯でも食わない?」
「私服で行っていいですか(笑)」
という感じで、今から、ご自宅に素麺頂きに行ってきます^^

28年3月竣工を目指すなら、階数によっては今頃から企画を詰めておかないと
間に合いませんし、土曜も日曜もナイネ!

人気ブログランキングへ


↑画質は、歯車マークをクリックして1080Pでご覧ください。
Kマンション
2014/07/27 08:20|株式・投資TB:0CM:0

 

 

事務所移転からセミナー、CM見積、着工現場の巡回調整、賃貸住宅フェア、営業と、
猛烈な忙しさが続いておりましたが、
ようやく、来春竣工の全ての案件の請負契約が終わり、
一瞬だけ、一息つけそうです。

ということで、今日は、私の仕事(CM)・人生に対する思いを
書いてみようかと思います。

ようやく、法人化して2期目の決算も終わり、
前期の真のCM方式での総見積金額は、
20億を余裕で超えていました。

関東の「専門工事入替型」の、真のCM方式で、
この金額規模の見積をしているのは、
当社が断トツでNo1でしょう(下請情報より(笑))。

まあ世の中、なんちゃってインチキCM(建設マネジメント(笑))を扱っている会社は
一杯ありますけどね。

しかし・・・ワタクシには、大きな課題があります。
そうです・・・婚活(笑)

というのは、冗談で、今冬~来春着工案件の、
営業活動が目白押しです。

稼働現場が多いと、ほぼ2日に1回ペースで現場定例があり、
テンワワンヤです。

行く街々で見る、悪徳ハウスメーカーや土地活用営業会社にボッタくられながら、
建ててしまった残念な情報収集力の無い地主様達が、
一人でも居なくなるように、出来るだけ沢山の方々に、
「当社の特別な価値を気づいて頂きたい」という思いを胸に、
昨日より今日、今日より明日、
日々成長を続けている実感があります。

最近、自分のしている仕事、生きている価値、
成し遂げたいこと、この世に残していきたいもの、
色んな事が駆け巡ります。

もちろん、莫大な金額・人数を動かすシビアな仕事ですので、
人間の嫌なところ、汚いことに出会うこともありますが、
まずは、自分の仕事に関わった人達が笑顔になって
欲しいということなのかと思います。

世の中の経営者には、2パターンの人種が居るのだと思います。
人から毟り・掠め取って、私腹を肥やそうとするもの、
一方で、共存共栄を目指すもの。

建設費を入札1位の10%~18%も削減する会社の代表者が、
前者に当てはまる、とんでもない精神的乞食かと思われる方も居るかもしれませんが、
私に会ったことがある人、我が社がマネジメントしている現場を見たことがある人は、
私が後者であるということは、ご理解いただけると思います。

建設費を交渉で10%~18%削減できるというのは、
単に、建設費の仕組み、建設業の構造を理解したうえで、
未だ、世間では一般的ではない真のCMという手法を扱っているだけで、
胸に手を当てて恥ずべき行為をしている訳ではないのです。

苦い経験や、普通では有り得ないような、
絶体絶命の修羅場においても、
正しく生き、正しい選択をしてきたという自負があります。

私が、現場監督として新人の頃、
派遣先の現場所長が教えてくれたこと、
「頑張っていれば、人は、ついてきてくれる。」
これを教えられたことに尽きるでしょう。

真のCMを扱えるということは、
私自身が生まれてきた存在価値であり、
他に何かあるかといえば何もありません。

もちろん、自分も、幸せになりたいし、強くなりたい、
もっともっと、力が欲しい、スーパーマンに成りたい(笑)という欲求もありますが、
人間としての正しさは失わないようにしなければなりません。

それら、全てを消化したうえで、
建設費を10%~18%削減してしまうという、
他にはない、特別な価値を提供し続けられるよう、
残り少ない30代を我武者羅に生き抜きたいと思います。

人気ブログランキングへ


↑画質は、歯車マークをクリックして1080Pでご覧ください。
Kマンション

2014/07/04 22:48|株式・投資TB:0CM:0

建設費コストダウンの株式会社土地活用のHPバナーです。 

カテゴリ 

最近の記事 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

キーワード 

建設費、土地活用、坪単価、東京、マンション、コンストラクション・マネジメント、不動産投資、賃貸住宅、土地、相続、CM建設費 土地活用

このブログはリンクフリーです。 

Copyright(C) 2006 マンション建設費削減⇔土地活用⇔利回り&仕様UP! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.